乳幼児連れタイ旅行の持ち物リスト。注意点と、タイで買えるもの・買えないもの

2019-03-27

タイに住むようになって、日本から友達が遊びに来てくれることが何度かありました。でも中には「タイに行きたいけど子どもが小さいから心配…」と来るのを諦めた友達もいます。

やっぱりタイは新興国というイメージがあるようで、乳幼児がいる家庭にとっては旅行先として少しハードルが高いようです。

今月末には姉家族が遊びに来ますが、下の子は1歳になったばかり。姉家族はこれまでに数回遊びに来ているのでタイには慣れているものの、初めて乳児を連れて来るということで心配もあるようです。

でもタイに5年住んでいて、出産・育児をバンコクで経験したわが家からすると、タイは子どもにとって天国乳幼児連れでも心配なく旅行できる国です。

そこで「タイ旅行に興味があるけど子どもが小さくて心配」というパパ・ママに向けてこの記事を書きました。

具体的には、考えられる懸念点に対する回答と、乳幼児連れのタイ旅行に持っていく持ち物チェックリストをまとめています。

この記事を読んでタイ旅行を前向きに検討してもらえたら幸いです。

目次

1. 乳幼児連れのタイ旅行で挙がる懸念点と実際のところ

うちの息子はバンコクで産まれてもうすぐ3歳です。これまでの育児でタイゆえに懸念してきたことや、子連れの友達や親戚がタイ旅行について懸念していたことを挙げます。そしてそれぞれについて、実際はどうなのか書いていきます。

1-1. 衛生

◆飲料水について

タイの水道水は飲むことができません。コンビニやスーパーでペットボトルの飲料水が売られているので、ミルクを調乳する際も購入した飲料水を沸騰させて使います。

わが家では息子が1歳半頃までは哺乳瓶やマグ、水筒などを洗う時も水道水ではなく飲料水を使っていました。今でも大人用の食器は水道水で洗っておしまいですが、子ども用のコップなどは水道水で洗った後に飲料水でさっと流しています。

旅行でタイに滞在される時は、大きめのペットボトル飲料水を数本買ってホテルの部屋に置いておきましょう。

また補足情報として、タイでは液体ミルクが1パック(180ml)60円くらいで売られているので、お子さんが液体ミルクを飲むことができるなら、粉ミルクで調乳しなくてもすみます。

お子さんがタイの液体ミルクを飲んでくれるか心配であれば、やや値段は高いですが日本で液体ミルクを購入して持ってくるというのもありです。

 

液体ミルクに関しては下記の記事に書きましたので、あわせてご確認ください。

 

 パパLEOの子育てジャングル

液体ミルクは、外出用・備蓄用として圧倒的に便利。育児の時短やサポートにも
https://kosodate-jungle.com/liquid-milk/
海外では普通に売られている乳児用液体ミルク。日本でも乳児用液体ミルクの製造・販売が解禁され、2019年3月、グリコから液体ミルクが新発売されました。わが家は現在、粉ミルクだけでなく液体ミルクが普通に売られているタイで子育て中です。もうすぐ3歳の息子は液…

 

◆離乳食・食事について

タイにもレトルトの離乳食は売られていますが、日本と比べて圧倒的に種類が少ないです。なのでわが家は、日本から家族が遊びに来る時に合わせてネットでレトルト離乳食を注文して実家に送っておき、タイに持って来てもらっていました。

離乳食段階の赤ちゃん連れでタイ旅行をされるなら、レトルト離乳食は必ず持って来た方がいいです。

レトルト離乳食以外におすすめなのが、サトウのご飯です。息子の離乳食がある程度進んで普通の固さのお米が食べられるようになってからは、タイ国内旅行の時には必ずサトウのご飯を持って行っていました。

タイ米はパサパサしているので、子どもが小さいうちは日本米の方がいいと思い日本米を食べさせていました。旅行中はホテルの電子レンジででサトウのご飯を温め、ふりかけを混ぜてオニギリにして持ち歩いていました。

子どもが2歳を過ぎてくると大人と同じものも食べられるようになるのでだいぶ手間は減ります。タイ料理でもチャーハンなら辛くないので子どもでも食べやすいです。

またバンコク市内であれば大きめのショッピングモールに行けば必ず日本料理のレストランがあります。日本でおなじみの大戸屋、吉野家、丸亀製麺などです。

お子さん連れで安全な日本食を食べさせてあげたい場合はサイアムパラゴン、セントラルワールド、エンポリアムなどの大きなショッピングモールに行って食事をすればOKです。

◆街中の衛生面について

タイの街中は排気ガス、屋台の匂い、ガタガタした歩道など、日本の街並みと比べてだいぶガチャガチャしている印象です。パパLEOもバンコクに住み始めた頃は街中が汚いなぁと思っていました。

ですがあちこち触ったりしなければ、街中が汚いからといって病気になるわけではないので心配はいりません。

ウェットティッシュ除菌ジェルを持ち歩いて、食事の前に手をきれいにしてあげれば問題ありません。うちの息子は手をきれいにすることさえ拒否することがありますが、今までお腹を壊したことはありません。

ただし路上の屋台の中には油で揚げ物をしていたり炭火で焼き物をしたりしているお店もあるので、息子と一緒に歩くときは火気には注意しています。

1-2. 気温

「タイ=南国=暑い」とみんな思っていますが、実際は日本の夏の方がよっぽど過酷です。タイの真夏は4月ですが、その時期でも蒸し暑さは日本の夏の方が上です。

帽子、日焼け止め、日傘など日本の夏の持ち物があればタイでも問題なく過ごせます。ショッピングモール内はエアコンがよく効いているので、念のため長袖もあると良いです。

ただ動物園や屋外マーケットなど屋外で半日以上過ごす場合は脱水や熱中症に注意してください。11月〜2月頃は過ごしやすい時期ですが、それ以外の時期は長時間外を歩き回るのはやめておきましょう。

これは日本の夏でも同じですよね。適度に水分補給、エアコンの効いた室内での休憩をはさみながら観光しましょうね。

タイのコンビニには冷えピタシートが売っています。暑い時にお子さんのおでこに貼ってあげると暑さがやわらぐのでおすすめです。

1-3. 治安

タイは新興国というイメージ、そして2014年に起きた選挙がらみのデモの影響で、タイの治安に不安を感じる方もいると思います。

でも遅い時間におかしな場所に行かなければ怖い目に遭うことはありません。そもそも子連れで遅い時間に出歩いたり雰囲気の悪い地域に行くことは無いと思うので、危険に遭うことは少ないです。

とはいえ日本ほど治安が良い国はありません。自分の持ち物はしっかり管理する、小さい子どもの手は繋いで移動するといった基本的な防犯意識は忘れないようにしてください。

2. 乳幼児連れタイ旅行の持ち物チェックリスト

バンコクは都会でお店もたくさんあるので何でも手に入りますが、地方だとお店の数も限られています。わが家はバンコク以外の地域に旅行する時は必要なものを全て持って行きます。

ここでは息子が1歳になったばかりの頃にわが家がタイ国内旅行をした時に作った持ち物リストをご紹介します。

息子ももう3歳なので最近はリストの項目もだいぶ減りました。みなさんもお子さんの年齢に合わせて適当に項目を減らしたり増やしたりして、チェックリストとしてお使いください。

持ち物は「機内持ち込み荷物」と「預け入れ荷物」に分けて準備してくださいね。

※子どものための荷物のみを挙げています。パスポートを含む大人用の荷物は別途用意してください。

機内持ち込み荷物

  • お尻拭き
  • オムツ(2枚)
  • 着替え(Tシャツ・パンツ1着ずつ)
  • 長袖
  • 水筒
  • お菓子
  • おにぎり・バナナ
  • 液体ミルク(2箱)
  • ティッシュ類
  • ビニール袋
  • ハンドタオル
  • iPad
  • おもちゃ

預け入れ荷物

  • オムツ(X枚)
  • Tシャツ(X枚)
  • パンツ(X枚)
  • パジャマ(X着)
  • ハンドタオル(X枚)
  • 浮き輪
  • 水着
  • プール用オムツ
  • 洗濯洗剤
  • ミニハンガー(4本)
  • お風呂滑り止めマット
  • サトウのご飯(X食)
  • 即席お味噌汁など(X食)
  • 離乳食
  • ふりかけ
  • ラップ
  • お菓子
  • スプーン・フォーク
  • タッパー
  • ビニール袋
  • 液体ミルク(X箱)
  • 哺乳瓶洗浄剤
  • 解熱剤・風邪薬

オムツや着替えは旅行日数によって変わってくるので、適当な枚数を用意してください。

子ども用のミニハンガーは水着を乾かす時、服が汚れて手洗いで洗濯をした時などに使えるので持っていくと便利です。大人用の大きなハンガーはホテルに備え付けてりますが、子ども用はないので。

お風呂滑り止めマットは、息子が1〜2歳の時には必需品でした。タイのシャワールームは床がタイル貼りなことが多く、滑りやすいです。まだ足元がおぼつかない時期は滑って転んでしまうので、旅行用に100均で滑り止めマットを買いました。

ラップタッパーはオニギリを作って持ち歩く時に便利です。タイには日本で売っているようなコンパクトなラップがないので、日本で買ったミニラップを荷物に入れていました。

前述したとおりタイでは液体ミルクが普通に売られています。旅行先で追加購入もできますがお店によって置いてある銘柄が違うので、念のためいつも飲んでいる液体ミルクを荷物に入れています。

日本でもグリコ・アイクレオの液体ミルクが発売されたので、日本でお子さんに試してみて大丈夫そうなら、タイで液体ミルクを購入されるのもありです。

わが家は息子の月齢2ヶ月くらいまでは哺乳瓶も使っていて、その時は哺乳瓶を飲料水を鍋て沸騰させて煮沸消毒していました。それだけでも問題はなかったですが、哺乳瓶やマグに専用の洗浄剤を使いたい方は、日本から持って来られることをおすすめします。

3. バンコクで買える乳幼児向け製品

前章でご紹介したチェックリストに載っているものはできれば日本から用意して来た方がいいですが、忘れてしまってもバンコクならほぼ全ての物が手に入ります

安心していただくために、バンコクのショッピングモール店頭の様子を含めて、どんなものがバンコクで購入可能かご紹介します。

▲水着。タイで売られている水着は色味がハッキリしたものが多いです。

▲メリーズやマミーポコ、グーンなど日本のメーカーのオムツが売られています。

▲スイミング用オムツもあります。

▲ウェットティッシュも種類豊富です。コンビニでも売っています。

▲離乳食も売ってはいます。でも味付けが日本とは違うので、試しに買ってみたものの、うちの息子はほとんど食べませんでした。

▲ピジョンの哺乳瓶も売っています。立地によってはコンビニで見かけたこともあります。

▲マグも色々あります。

▲乳幼児の洋服も多いので、足りなくなったら買うことも。

▲タオルもちゃんとしたのが売っています。

▲液体ミルクだけでなく粉ミルクも売っています。

主なものを挙げましたが他にも色々あります。このとおり基本的な子育てグッズはバンコクで揃うので、小さいお子さん連れでも安心してタイ旅行をしてくださいね。

育児グッズは日本で買った方が安いものが多いです。でもオムツやお尻拭きはかさばるので旅行日程が長い場合はバンコクで購入した方が荷物が減っていいですよ。オムツはコンビニにも売っています(ただしサイズによっては在庫がない場合も)。

4. 準備万端にして子連れタイ旅行を楽しもう

この記事を通して子連れタイ旅行に対するハードルが下がったならば幸いです。バンコクには10万人近い日本人が住んでいると言われています。子育て中の家族も多いです。いざとなれば日本の製品は何でも手に入るので、安心してお出かけください。

あとは万が一に備えて海外旅行保険に入ってくと良いと思います。バンコクには日本語通訳や日本人スタッフが常勤している立派な病院がいくつかあります。

具体名をあげると、下記の2病院です。

これらの病院は大概の海外旅行保険に対応しているはずなので、加入していればキャッシュレスで診察してもらえます。

キャッシュレス対応してもらうためには診察受付をする前に保険会社に連絡をする必要があります。病院に行く前に自分で保険会社に電話連絡をすれば、病院に到着する頃には保険会社と病院間で書類のやり取りが終わっていてスムーズです。

でもサミティベート病院やバムルンラード病院なら、日本人専用受付もあるので、そこのスタッフにお願いして保険会社への連絡からやってもらうことも可能です。

海外旅行保険が含まれているクレジットカードもあるので、お手元のクレジットカードが海外旅行保険に対応しているか確認してみてください。

ここまで準備すれば子連れタイ旅行も怖くないはず。準備万端にしてタイを満喫してくださいね!

こちらの記事もおすすめです

タイ旅行のおすすめスポットやお役立ち情報はこちらから。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

バンコク3大寺院、子連れでもワット・アルンなら楽しめる。その理由と行き方

ワット・ポー、ワット・プラ・ケオ、ワット・アルンはバンコクの3大寺院と言われています。 観光でバンコクを訪れた人の多くが足を運ぶバンコク最大の観光スポット。 ですが、バンコクの3大寺院巡りは、小さな子連れ家族には向きません。 理由は『暑い・歩く・並ぶ』の観光3大苦がそろっているから。大人だけで出かけても、暑さと人の多さで辟易して、全部回れずに戻ってくるケースが結構あります。 それでもせっかくバンコクに行ったら、1つくらいはお寺を訪れたいと思うもの。...

ジムトンプソン商品が3〜7割引のアウトレット店。豊富な商品からお得にお土産を選ぼう

以前男性向けのバンコク土産の記事を書いた時に、ジムトンプソンのハンカチを紹介しました。 アウトレットだと通常の店舗より安いので、時間があればアウトレットに行ってみてくださいと書いたんですが、ハンカチだけのためにアウトレットまで行くのは無駄ですよね。...

子連れ家族がチャトチャック週末マーケットを満喫したいなら子供博物館を活用しよう

「チャトチャックウィークエンドマーケット」は、バンコクに来たからには行きたい!という方が多い、バンコク屈指の買い物スポットです。 ですが敷地が広くて迷路のようになっていて、しかも暑いので、子どもを連れて行くにはちょっと厳しい場所です。 パパLEOの家族もバンコクに来るたびにチャトチャックウィークエンドマーケットに行きたいと言いつつ、子どもがいるので断念していました。 もしくは子どもを連れて行ってみるものの、子どもが疲れてしまい充分に買い物をできないまま戻って来るというパターンでした。...

バンコクから日帰りクレット島観光。子連れならマーケット3割・サイクリング7割がおすすめ

バンコクから1時間の距離にあり、半日観光に最適なクレット島。前から気になっていましたが、なかなか行く機会がありませんでした。 島というとビーチリゾートが思い浮かびますが、クレット島は違います。クレット島はチャオプラヤー川が二股に分かれることによってできている中州みたいな島なので、リゾート感は全くありません。泳いだりする場所でもありません。 子連れ向けアクティビティが特に無いので行く機会がなかったのですが、行ってみたら子連れでの意外な楽しみ方がありました。 さっそくこの記事で紹介したいと思います。 目次...

【2019年速報】ソンクラン水掛祭り@バンコク:子連れにおすすめはサイアムスクエア

タイで一番盛り上がるソンクラン水かけ祭り。パパLEOはタイに住み始めて最初の水かけ祭りに参戦して以降しばらくは子どもが生まれて小さかったので足が遠のいていました。 でも今年は子どもが3歳になったし行ってみよう!ということで3歳・7歳の姪っ子たち(偶然タイに在住)も一緒に参戦しました。 子ども連れでも安全かつ本格的に水かけ祭りを楽しめるバンコクでのおすすめスポットはサイアムスクエアです。 この記事ではサイアムスクエアでの水かけ祭りの様子と、なぜ子ども連れにおすすめなのか理由を書きます。...

男性向けのタイ土産。値段もお手頃おすすめ7選。バンコク在住パパが選びました

タイは観光大国、お土産も色んなものが揃っています。 洋服、サンダル、ポーチ、アロマ商品、ハーブ、お茶、石けん、アクセサリー、雑貨、調味料などなど。 でも、いざ男性向けのお土産を選ぼうと思うと、意外とないんです!女性向けのお土産はたくさんあるのに… 同じように悩まれた方もいるんじゃないでしょうか? そこでパパLEOが過去に買って好評だった、おすすめの男性向けお土産をご紹介します。 目次 男性向けのタイ土産おすすめ7選。バンコク在住パパが選びました 1. ビール2. セメント袋バッグ3. タイパンツ4. ジムトンプソンのハンカチ5....

タイ現地SIMカード:おすすめ通信キャリア・料金・購入可能場所を紹介

以前書いた記事で、タイ旅行での最重要項目である通信手段とその選択肢、それぞれの特徴・料金など、選ぶ時にポイントになる点をまとめました。   この記事では中でもタイ現地プリペイドSIMカードでの通信を検討している方に向けて、 どの通信キャリアのSIMを選んだらいいのか どこでタイ現地キャリアのSIMを購入できるのか についてまとめます。 目次...

子連れ旅行の必需品「CABIN ZEROのバックパック」収納力と使い勝手を紹介

タイに住んでいる間に色々行っておきたくて頻繁に旅行やお出かけをしているわが家。旅行・外出する時は、ママが息子担当、パパが荷物担当という役割分担です。 そこで今回は荷物担当の僕が、いくつかのバックパックを経てたどり着いた「子連れファミリーで出かける時に圧倒的に便利なバックパック」をご紹介します。 タイトルにも名前が出ていますが、そのおすすめバックパックはCABIN ZEROというブランドです。 CABIN...

タイの至宝ビーチリゾート「クラビ・ポダ島」魅力と行き方を紹介します

こんにちはパパLEO(@LEOJungle2)です。 以前「わが家ではビーチリゾートに行くならクラビ一択」という記事を書きました。 この記事を書いた理由の1つが、ポダ島で過ごした最高の半日でした。 そこで今回はポダ島の魅力と行き方をご紹介します。ポダ島は子連れでも行きやすいアイランドビーチです。 開発されつくしたリゾートには飽きたという方も、ポダ島ならきっと満足できるはずです。 目次...

タイはミニカーのチョイスが超豊富。トゥクトゥクミニカーはお土産にも最適

タイのショッピングモールでおもちゃ売り場に行くと、ミニカーのコーナーが充実していて驚きます。 売られているメーカーは以下のとおりたくさんあります。 ●Majorette(マジョレット・仏)●HotWheels (ホットウィール・米)●Matchbox(マッチボックス・英→米)●Tomica(トミカ・日)●Siku(ジク・独)   広い売り場のお店だと、ミニカーを走らせるサーキットみたいなのまであるんです。持参のミニカーやその場で買ったミニカーで遊べるので、休日は少年たちで賑わっています。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

バンコク在住5年目です。しばらくはバンコク近辺でのお出かけ・子育て情報がメインになると思います。文章だけでわかりづらいものや雰囲気もあるので、YouTubeでも発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

Share This