男性向けのタイ土産。値段もお手頃おすすめ7選。バンコク在住パパが選びました

2019-04-07

タイは観光大国、お土産も色んなものが揃っています。

洋服、サンダル、ポーチ、アロマ商品、ハーブ、お茶、石けん、アクセサリー、雑貨、調味料などなど。

でも、いざ男性向けのお土産を選ぼうと思うと、意外とないんです!女性向けのお土産はたくさんあるのに…

同じように悩まれた方もいるんじゃないでしょうか?

そこでパパLEOが過去に買って好評だった、おすすめの男性向けお土産をご紹介します。

目次

1. ビール

アルコールが苦手な人以外であれば相手を選ばないので、お土産としては最強です。ただ重くてかさばるので、持ち帰れる本数が限られるのが難点です。

タイのビールで有名な銘柄はシンハとチャン。それ以外にもレオ、そしてラガービールなど色々な選択肢があります。知名度で選ぶのもよし、パッケージで選ぶのもよしです。

ビールはスーパーやコンビニで売っているので、探す手間がかからないのも良い点です。ただしタイではアルコールの販売は11時〜14時、17時〜24時のみと決まっているのでご注意ください。

2. セメント袋バッグ

タイの大手セメントメーカーSCGのセメント袋をリサイクルしたバッグです。

SCGのロゴである赤いゾウが効いたデザイン。セメント袋からひとつひとつ作っているので、一点ものです。デザインもそれぞれ違って味があるんです。

素材が工事現場で使われるセメント袋だけあって、水に強いのも嬉しいポイントです。

値段はバッグの形やサイズによりますが、だいたい300〜400バーツです。パパLEOは肩かけタイプを購入しました。

▲上部の折り重なった部分を開けると、外側にジッパー付きのポケットがあります。バッグの内側にも内ポケットが3つ付いています。

SCGのセメント袋バッグは、チャトチャックウィークエンドマーケットで売っています。下記地図のココナッツ屋さんから少し内側に入ったあたりにお店があります。

★チャトゥチャックウィークエンドマーケット

  • 住所:Chatuchak Park, Kamphaeng Phet 2 Rd, Lat Yao, Khet Chatuchak, Krung Thep Maha Nakhon 10900
  • 営業時間:9:00〜18:00(土・日)

3. タイパンツ

タイパンツは身内とか近しい友達へのお土産になります。値段が100〜200バーツ(約350〜700円)とお手頃なのが良い点です。

柄が派手なので、南国好きな人以外には贈りづらいかもしれませんね。

ただ値段が手頃なので、何枚か買って欲しい人がいたらあげればいいし、もし余ったら自分で部屋着にすればいいくらいの軽い気持ちで買える品です。

バンコクの街中なら路上も含めて様々なところで売られているので、見つけるのは簡単です。豊富な柄や色の中から選びたければ、チャトチャックウィークエンドマーケット、アジアティーク、またはMBK Center(エムビーケーセンター)というショッピングモールに行くと選択肢が多いのでおすすめです。

アジアティークは夕方〜夜間だけ空いている商業施設です。チャオプラヤー川沿いにあり、大きな観覧車で有名な観光スポットです。

雑貨、衣類、小物、お土産、飲食のお店がたくさん集約されています。2013年にオープンしたきれいなナイトマーケットなので、子連れでも安心・安全に買い物できます。

★アジアティーク

  • 住所:2194 Charoen Krung Rd, Khwaeng Wat Phraya Krai, Khet Bang Kho Laem, Krung Thep Maha Nakhon 10120
  • 営業時間:16:00〜24:00
  • 定休日:無し

★MBK Center

  • 住所:444 Phayathai Rd, Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330
  • 営業時間:10:00〜22:00
  • 定休日:無し

4. ジムトンプソンのハンカチ

タイに少し詳しい人なら知っているブランド、ジムトンプソンの小物なら、誰に贈っても安心です。パパLEOも家族や仕事関係の人たちへのお土産に買っています。

ジムトンプソンはタイシルクで有名なブランドですが、麻やコットンの商品もたくさんあります。品質が高く、デザインも使いやすいものが多いので、人気があります。

男性であればハンカチが無難で良いです。ジムトンプソンには南国っぽいけど上品な柄ものが多いので、お土産に向いています。

ジムトンプソンのお店は、セントラルワールド、エンポリアム、サイアムパラゴンなど大型で高級なショッピングモールに行けば見つけられます。また空港にもお店があるので、滞在中に買い物の時間がなかった場合でも空港で購入できるのが有り難いです。

ジムトンプソンのお店はバンコク市内ならあちこちにありますが、お得にジムトンプソンの商品を買いたい人には、断然アウトレット店をおすすめします。

お店の場所は中心部のショッピングエリアから少し離れますが、品揃えも豊富でリーズナブル。それにアウトレットとはいえ品質は劣りません。

わが家がジムトンプソンの商品を買う時は、いつもアウトレット店です。観光の時間に余裕があれば、アウトレット店まで足を伸ばしてみてください。

★ジムトンプソンファクトリーアウトレット

  • 住所:Soi Sukhumvit 93, Khwaeng Bang Chak, Khet Phra Khanong, Krung Thep Maha Nakhon 10260
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:無し

▼ジムトンプソンアウトレットで販売されている商品や行き方についてはこちらの記事をご確認ください。ハンカチ以外にも色々あります。

5. スポーツウエア

バンコクでは有名メーカーのスポーツウエアが低価格で売られている所があります。

あまり大きな声では言えませんが、工場での検品漏れ商品あるいは本物にかなり近い模造品が流通しているのではないかと…

正規の品にこだわる方にはおすすめできませんが、スポーツする時の替えの一枚として、ある程度の質感があれば十分という人には有難がってもらえます。

ゴルフ用のシャツ、スポーツジムでトレーニングする時のシャツ、ジョギング用のシャツなど色々あります。僕も使っていますが、品質も悪くないです。

こういったスポーツウエアは、チャトチャックウィークエンドマーケット、シーロムやサトーンの路上や屋外マーケットなどでよく見かけます。

値段はシャツが300〜400バーツくらい(約1,050〜1,400円)と正規品と比べて格安です。どこにでも流通しているわけではないので、スポーツ好きな友達や家族がいるなら見つけたら即買いでもいいんじゃないでしょうか。

6. oukyのTシャツ

タイ発祥のoukyというブランドの無地Tシャツです。パパLEOは値段の割に着心地が良いのと、何回洗濯しても伸びない丈夫さが気に入っています。コスパはかなりいいです。

色の種類も結構あります。ビンテージ加工されているものは個性的な色味のもありますが、無難な白、黒、紺、グレーなどもあります。ここでは男性向けのお土産として書いていますが、僕のまわりでは女性にも人気があります。

標準的な体型の方であれば、女性はSサイズ、男性はMサイズがちょうどいいです。1着250バーツ(約870円)、3着で600バーツ(約2,100円)と、買う枚数が増えると割安になります。

OukyのTシャツ、今は日本でも売られていますが、値段は2,160円です。タイで買った方がだいぶお得なので、自分用のお土産にもおすすめです。

パパLEO夫婦は日本に帰国する前に、自分たち用にまとめ買いする予定です。

Oukyはプラチナム・ファッションモールとターミナル21にお店があります。

チャトチャック・ウィークエンドマーケットにもお店があるようですが、週末しか開いていないのと、敷地が広大で目当てのお店を探すのが大変なので、Oukyのシャツを買うなら、プラチナムかターミナル21に行くことをおすすめします。

★プラチナム・ファッションモール(Oukyは4階のZone 2, Soi Camden 10にあります)

  • 住所:222 Phetchaburi Rd, Khwaeng Thanon Phetchaburi, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400
  • 営業時間:9:00 – 20:00(土日は8:00 – 20:00)
  • 定休日:無し

★ターミナル21(Oukyは2階にあります)

  • 住所:88 Soi Sukhumvit 19, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
  • 営業時間:10:00 – 22:00
  • 定休日:無し

7. タイガーバームの湿布

タイガーバームの湿布は、肩こりや腰痛に悩む人へのお土産に最適です。

ただの湿布かと思いきや、貼ったあとの「効いてる感」が全然違います。こればっかりは貼ってみないとわかってもらえないんですが、一度使えばその効果がわかるはずです。

タイガーバームは実はシンガポールの会社から販売されている商品なんです。でも、タイでも薬局だけでなくコンビニにも売っているほどどこにでも流通している定番品なので、パパLEOは気にせずタイ土産として買っています。

2枚入りで55バーツ(約190円)です。アジアっぽいパッケージもお土産に向いていますよ。

以上、男性向けのタイ土産をまとめました。タイ旅行でお土産に悩んだら参考にしてください!

こちらの記事もおすすめです

タイ旅行の準備をしっかりして快適な旅を楽しんでください。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

バンコク3大寺院、子連れでもワット・アルンなら楽しめる。その理由と行き方

ワット・ポー、ワット・プラ・ケオ、ワット・アルンはバンコクの3大寺院と言われています。 観光でバンコクを訪れた人の多くが足を運ぶバンコク最大の観光スポット。 ですが、バンコクの3大寺院巡りは、小さな子連れ家族には向きません。 理由は『暑い・歩く・並ぶ』の観光3大苦がそろっているから。大人だけで出かけても、暑さと人の多さで辟易して、全部回れずに戻ってくるケースが結構あります。 それでもせっかくバンコクに行ったら、1つくらいはお寺を訪れたいと思うもの。...

ジムトンプソン商品が3〜7割引のアウトレット店。豊富な商品からお得にお土産を選ぼう

以前男性向けのバンコク土産の記事を書いた時に、ジムトンプソンのハンカチを紹介しました。 アウトレットだと通常の店舗より安いので、時間があればアウトレットに行ってみてくださいと書いたんですが、ハンカチだけのためにアウトレットまで行くのは無駄ですよね。...

子連れ家族がチャトチャック週末マーケットを満喫したいなら子供博物館を活用しよう

「チャトチャックウィークエンドマーケット」は、バンコクに来たからには行きたい!という方が多い、バンコク屈指の買い物スポットです。 ですが敷地が広くて迷路のようになっていて、しかも暑いので、子どもを連れて行くにはちょっと厳しい場所です。 パパLEOの家族もバンコクに来るたびにチャトチャックウィークエンドマーケットに行きたいと言いつつ、子どもがいるので断念していました。 もしくは子どもを連れて行ってみるものの、子どもが疲れてしまい充分に買い物をできないまま戻って来るというパターンでした。...

バンコクから日帰りクレット島観光。子連れならマーケット3割・サイクリング7割がおすすめ

バンコクから1時間の距離にあり、半日観光に最適なクレット島。前から気になっていましたが、なかなか行く機会がありませんでした。 島というとビーチリゾートが思い浮かびますが、クレット島は違います。クレット島はチャオプラヤー川が二股に分かれることによってできている中州みたいな島なので、リゾート感は全くありません。泳いだりする場所でもありません。 子連れ向けアクティビティが特に無いので行く機会がなかったのですが、行ってみたら子連れでの意外な楽しみ方がありました。 さっそくこの記事で紹介したいと思います。 目次...

【2019年速報】ソンクラン水掛祭り@バンコク:子連れにおすすめはサイアムスクエア

タイで一番盛り上がるソンクラン水かけ祭り。パパLEOはタイに住み始めて最初の水かけ祭りに参戦して以降しばらくは子どもが生まれて小さかったので足が遠のいていました。 でも今年は子どもが3歳になったし行ってみよう!ということで3歳・7歳の姪っ子たち(偶然タイに在住)も一緒に参戦しました。 子ども連れでも安全かつ本格的に水かけ祭りを楽しめるバンコクでのおすすめスポットはサイアムスクエアです。 この記事ではサイアムスクエアでの水かけ祭りの様子と、なぜ子ども連れにおすすめなのか理由を書きます。...

タイ現地SIMカード:おすすめ通信キャリア・料金・購入可能場所を紹介

以前書いた記事で、タイ旅行での最重要項目である通信手段とその選択肢、それぞれの特徴・料金など、選ぶ時にポイントになる点をまとめました。   この記事では中でもタイ現地プリペイドSIMカードでの通信を検討している方に向けて、 どの通信キャリアのSIMを選んだらいいのか どこでタイ現地キャリアのSIMを購入できるのか についてまとめます。 目次...

子連れ旅行の必需品「CABIN ZEROのバックパック」収納力と使い勝手を紹介

タイに住んでいる間に色々行っておきたくて頻繁に旅行やお出かけをしているわが家。旅行・外出する時は、ママが息子担当、パパが荷物担当という役割分担です。 そこで今回は荷物担当の僕が、いくつかのバックパックを経てたどり着いた「子連れファミリーで出かける時に圧倒的に便利なバックパック」をご紹介します。 タイトルにも名前が出ていますが、そのおすすめバックパックはCABIN ZEROというブランドです。 CABIN...

乳幼児連れタイ旅行の持ち物リスト。注意点と、タイで買えるもの・買えないもの

タイに住むようになって、日本から友達が遊びに来てくれることが何度かありました。でも中には「タイに行きたいけど子どもが小さいから心配…」と来るのを諦めた友達もいます。 やっぱりタイは新興国というイメージがあるようで、乳幼児がいる家庭にとっては旅行先として少しハードルが高いようです。 今月末には姉家族が遊びに来ますが、下の子は1歳になったばかり。姉家族はこれまでに数回遊びに来ているのでタイには慣れているものの、初めて乳児を連れて来るということで心配もあるようです。...

タイの至宝ビーチリゾート「クラビ・ポダ島」魅力と行き方を紹介します

こんにちはパパLEO(@LEOJungle2)です。 以前「わが家ではビーチリゾートに行くならクラビ一択」という記事を書きました。 この記事を書いた理由の1つが、ポダ島で過ごした最高の半日でした。 そこで今回はポダ島の魅力と行き方をご紹介します。ポダ島は子連れでも行きやすいアイランドビーチです。 開発されつくしたリゾートには飽きたという方も、ポダ島ならきっと満足できるはずです。 目次...

タイはミニカーのチョイスが超豊富。トゥクトゥクミニカーはお土産にも最適

タイのショッピングモールでおもちゃ売り場に行くと、ミニカーのコーナーが充実していて驚きます。 売られているメーカーは以下のとおりたくさんあります。 ●Majorette(マジョレット・仏)●HotWheels (ホットウィール・米)●Matchbox(マッチボックス・英→米)●Tomica(トミカ・日)●Siku(ジク・独)   広い売り場のお店だと、ミニカーを走らせるサーキットみたいなのまであるんです。持参のミニカーやその場で買ったミニカーで遊べるので、休日は少年たちで賑わっています。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

バンコク在住5年目です。しばらくはバンコク近辺でのお出かけ・子育て情報がメインになると思います。文章だけでわかりづらいものや雰囲気もあるので、YouTubeでも発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

Share This