Questions and Answers|6W1Hを使った英会話力がアップ!めくれる英語絵本

2019-06-12 | おすすめ英語絵本

英語の絵本を購入する前に、どんな中身か確認しておきたいと思いませんか?

英語の絵本は大型書店に行かないと置いてないので、わが家ではネット注文することも多いです。でも届いてから期待していたのとちょっと違ったなんてことも…。

この記事は同じように感じているパパ・ママに向けて書きました。

買ってしまってから「失敗した〜」ってことにならないように、英語絵本について、おすすめ理由・あらすじ・中身の紹介をします。

今回はおすすめ英語絵本シリーズ13冊目Questions and Answers」です。

残念ながらズバリ同じ絵本は、Amazonの中古でしか見つけられませんでした。でもUsborne社のQuestions and Answersシリーズなら、どのテーマも面白くて役立つこと間違いありません。

上記のリンクからお子さんの興味に合いそうなQuestions and Answersを探してあげてください。

絵本の中の「使える英語表現」もピックアップしますので、親子で一緒に英語力アップしちゃいましょう!

絵本の中には大人にとっても有用な表現が結構あります。

子どもへの読み聞かせのついでに、パパ・ママもどんどん英語表現を習得できて一石二鳥です。

目次

1. Questions and Answersをおすすめする理由

今回おすすめする英語の絵本は、Questions and Answersです。

Questions and Answersがおすすめなのは、以下3つの理由から。

  • 子どもだけでなく大人も気になる質問が満載
  • 6W1Hで分類された質問で英語力アップ
  • 絵柄やレイアウトが素敵でページをめくるだけで楽しい

1-1. 子どもだけでなく大人も気になる質問が満載

Questions and Answersというタイトル通り、様々な質問が絵と文章を使って投げかけられています。そして、その質問部分をめくった所に答えが。

peppa pig - good night, peppa - 1
peppa pig - good night, peppa - 1

質問内容は様々。ユニークなものや、興味を引くものが多く、大人でも答えられない質問がたくさん含まれています。

それだけに、子どもと一緒になって親も夢中になれる仕掛け付き英語絵本です。

1-2. 6W1Hで分類された質問で英語力アップ

様々な質問が、見開きごとに、When? Why? How? Where? Who? What? Which?に分類されています。

peppa pig-good night, peppa-2

質問と回答を一緒に読んだり聞いたりすることで、子どもが6W1Hを学ぶことができます。会話においても重要な6W1Hを楽しく習得できる点が魅力です。

6W1Hを使いこなせば、会話の幅が広がります。英会話力のアップに役立つ絵本です。

1-3. 絵柄やレイアウトが素敵でページをめくるだけで楽しい

Usborne社の仕掛け絵本に共通する魅力は、絵柄が可愛くて色合い鮮やかな点。

この絵本は加えて、思わずめくって回答を見たくなるようなユーモアたっぷりな絵柄になっています。

peppa pig-good night, peppa-2
絵本が好きなパパ・ママなら、絶対手元に置いておきたくなるはずです。

2. Questions and Answersのあらすじ

この絵本のあらすじはざっと下記のとおりです。

When?
お城が最初に建てられたのはいつ?
私の成長が止まるのはいつ?
・・・・・など「いつ?」に関する質問&回答が5個

 

Why?
なぜ蜂は花が好きなの?
なぜトラはシマシマなの?
なぜ海は波打っているの?
・・・・・など「なぜ?」に関する質問&回答が10個

 

How?
ボートはどうやって浮かぶの?
ゾウはどうやって水を飲むの?
私の頭には髪の毛が何本あるの?
・・・・・など「どうやって?どれだけ?」に関する質問&回答が10個

 

Where?
川はどこから始まるの?
鳥はどこで眠るの?
北極はどこにあるの?
・・・・・など「どこ?」に関する質問&回答が10個

 

Who?
電気を発明したのは誰?
初めて板チョコを作ったのは誰?
世界で一番足が速い人は誰?
・・・・・など「誰?」に関する質問&回答が10個

 

What?
雪は何でできているの?
車は何で進むの?
道路の下には何があるの?
・・・・・など「何?」に関する質問&回答が10個

 

Which?
飛べないのはどっち?
土の下で育つのはどっち?
・・・・・など「どっち?」に関する質問&回答が5個

3. 絵本の内容と子どもの反応

絵本の中から特に注目したい内容と、それに対する3歳の息子の反応をご紹介します。

この章は絵本が好きなママウマが担当します。

3-1. 質問ごとにめくって答えを確認できる仕掛け

各ページの質問一つ一つに答えがあります。答えを確認するためには、めくって内側を確認

仕掛け部分をめくる行為が子どもにとっては楽しいようで、どんどんめくっていきます。

質問も回答も、正直3歳児には難しいものが多いです。息子はこの絵本がQ&Aになっていることをいまいち理解できていませんでした。

でも絵柄が面白いようで、めくって中の絵を確かめて、自分の思ったことを言っています。
読み聞かせにはなっていませんが、子どもが色んなことに興味を持つことができて、それはそれで良いと感じます。

3-2. 飛行機やロケットなど乗り物に関する質問

飛行機やロケットについては、別の絵本で読んでいたので馴染みがあり、特に反応が良かったです。
めくって内側を確認しつつも、別の絵本で得た知識を語っていました。
前に読んだ絵本の内容を案外覚えていることに驚きました。絵本も継続して色々読んであげることが大切なんですね。

3-3. 誰が一番速い?どの動物が一番速い?という質問

Who?のページでは人間が、What?のページでは動物がかけっこをしています。

かけっこで競争するのが好きな息子は、誰が一番が確認したくて、急いで仕掛けをめくっていました。

ちなみに人間ではウサインボルト氏、動物ではハリオアマツバメというツバメのが一番でした。
チーターが一番速いと思っていたので、ツバメの方が速いとは驚きでした。

4. 絵本の中の使える英語表現

パパLEO的に使えると思う英語表現Questions and Answersからピックアップしました。

せっかくなので、今回は6W1Hそれぞれから表現を選びました。使用例も絵本から引用したものです。

子どもへの声かけの例も挙げてみたので、ぜひお子さんと一緒に使ってみてください。

4-1. when

when」は「いつ」という意味で使います。

絵本の中では“When were trains invented?”という使われ方をしています。「列車が発明されたのはいつ?」という質問です。

使用例

  • When do sheep have babies? ⬅︎「羊が赤ちゃんを生むのはいつ?」
  • When will you see him? ⬅︎「いつ彼に会うの?」

Whenは過去、現在、未来の全てに使えるのでぜひ使いこなしたい副詞です。

4-2. why

why」は「なぜ、何のために」という意味で使います。

絵本の中では、“why do tigers have stripes?”という使われ方をしています。「なぜトラには縞模様があるの?」という質問です。

使用例

  • Why do we have eyebrows? ⬅︎「なぜ私たちには眉毛があるの?」
  • Why is the sea wavy? ⬅︎「なぜ海は波打っているの?」

なんで?と問いかけることで、子どもが一生懸命考えます。

この絵本の例でも良いので、たくさんwhy?を問いかけてみてくださいね。

4-3. how

how」は「どうやって、どのくらいの」という意味で使います。

絵本の中では、“How many hairs are there on my head?”という使われ方をしています。「私の頭には髪の毛が何本あるの?」という質問です。

使用例

  • How do elephants drink water?  ⬅︎「ゾウはどうやって水を飲むの?」
  • How many stars are there? ⬅︎「いくつの星があるの?」

どうやって、いくつの、も使用頻度が高い表現です。How old are you?など、お子さんへの問いかけにもたくさん使いどころがありますね。

4-4. where

where」は「どこに、どこで」という意味で使います。

絵本の中では、“Where do birds sleep?”という使われ方をしています。「鳥はどこで眠るの?」という質問です。

使用例

  • Where do stars go in the morning?  ⬅︎「星は朝になったらどこへ行くの?」
  • Where does my food go? ⬅︎「食物はどこへ行くの?」

Where do you want to go?とかWhere do you live?などがよく使う表現だと思いますが、他にもこの絵本で使われているように様々な場面で使えます。

4-5. who

who」は「誰が、誰を」という意味で使います。

絵本の中では、“Who built the pyramids?”という使われ方をしています。「誰がピラミッドを建てたの?」という質問です。

使用例

  • Who is the fastest person in the world?  ⬅︎「世界で一番速いのは誰?」
  • Who made the first chocolate bar? ⬅︎「チョコレートバーを最初に作ったのは誰?」

他にもWho did you play with today?とか、Who can sing well in your class?というように、子どもの周りの事を聞く表現も覚えておくと便利ですね。

4-6. what

what」は「」という意味で使います。

絵本の中では、“What’s snow made of?”という使われ方をしています。「雪は何でできているの?」という質問です。

使用例

  • What’s a rainbow?  ⬅︎「虹って何?」
  • What’s the largest animal on Earth? ⬅︎「地球上で一番大きな動物は何?」

絵本の中では様々な使われ方をしています。日常でもWhat’s this?とかWhat’s your name?を始め、小さい子どもでも使える表現がたくさんありますね。

4-7. which

which」は「どちら(の)、どちらか」という意味で使います。

絵本の中では、“Which way is left?”という使われ方をしています。「左はどっち?」という意味です。

使用例

  • Which animals make the loudest noise?  ⬅︎「一番うるさい音を出すのはどっちの動物?」
  • Which is the biggest muscle in your body? ⬅︎「体の中で一番大きな筋肉はどれ?」

Whichも他のWやHと同様、様々な場面で使います。

Which color do you like? Which way do you want to go?など、子どもに自分で選ばせてあげることで、自信につながり、自己肯定感の高い子どもになると聞いたことがあります。

そう聞くとなるべくたくさん使ってあげたくなりますね。

5. まとめ:Questions and Answersで6W1Hを習得して会話力を高めよう

英語絵本「Questions and Answers」は全14ページのめくれるしかけ絵本です。

めくったり引き出したりするしかけ絵本が得意なUsborne社から出版されているだけあり、安定のクオリティ。

6W1Hの質問と回答が豊富に載っていて、英会話力の向上に絶対役立ちます。

どんなふうに6W1Hを使って質問をしたらいいのか、どんなふうに答えたらいいのか。親子で絵本を読みながら学べます。

テキストで学ぶとなかなか身につかない英語も、ユニークな絵本で学べるので、繰り返し読むのが苦にならず、気づいたら習得できています。

3歳くらいだと、まだ質問の意味や答えを全部理解することはできませんが、絵柄とめくる仕掛けのおかげで、割とのめり込んでくれます。

中学生くらいまで十分楽しめる内容。むしろ大人でも楽しめるほどです。

図鑑みたいに、一家に一冊あっていい英語絵本だと思いました。

残念ながらズバリ同じ絵本は、Amazonの中古でしか見つけられませんでした。でもUsborne社のQuestions and Answersシリーズなら、どのテーマも面白くて役立つこと間違いありません。

上記のリンクからお子さんの興味に合いそうなQuestions and Answersを探してあげてください。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

こちらの記事もおすすめです

おうち英語を中心とする英語学習に関する記事一覧です。

おうち英語のヒントに。インターナショナル幼稚園での知育遊びを8つ紹介

インターナショナル幼稚園ってどんなことをやっているの?普通の幼稚園とは違うのかな? そんな疑問を持っているパパ・ママに向けてこの記事を書きました。 約1年間、タイのバンコクでインターナショナルスクールの2〜3歳児クラスに通った息子が、教室でどんなことをやったのか、その一部をご紹介します。 2〜3歳児クラスでの学びとはいえ、取り組む最中の親からの語りかけ、問いかけの量・レベルを上げることで、5〜6歳児でも十分楽しめるものもあります。 おうち英語はもちろん、英語に関係なく知育の参考になる要素もたくさんありました。...

格安と評判のDMM英会話を3歳児が体験!時期尚早だった理由と体験内容レビュー

リップルキッズパークの体験レッスンで、息子が思った以上に英語学習を楽しめていたので、オンライン英会話に俄然前向きになったわが家。 リップルキッズパークに続き、DMM英会話の体験レッスンもやってみました。 DMM英会話は料金設定が格安と評判が高いオンライン英会話です。 >>DMM英会話公式サイトを見てみる リップルキッズパークは非常に良かったです!ただ、週に1〜2回オンライン英会話をやるだけだと、英語を話す機会が十分じゃないと感じました。(ママウマ) できれば毎日英語を話す機会を作ってあげたい。 ⬇︎...

リップルキッズパークを3歳児が体験→超満足!【申し込み手順・子供の反応・注意点など】

日本帰国後は、子どもにオンライン英会話を習わせたいと考えているわが家。 何事もまずはトライアル!ということで、子供向けオンライン英会話のリップルキッズパークを体験しました。 リップルキッズパークは、オンライン英会話の草分け的存在「レアジョブ」が始めた、子供専用オンライン英会話です。 >>リップルキッズパーク公式サイトを見てみる 実はパパLEOも、昔レアジョブを受講したことがあります。それで馴染みがあったので、最初の無料体験レッスンはリップルキッズパークを選びました。...

早期英語教育は「目的設定」と「目的に合った学習方法」が重要【親がブレないためのガイド】

みなさんは子どもの英語教育について明確な方針や意見を持っていますか? 日本では幼児期からの英語教育が、諸手を挙げて賛成されているわけではありません。 幼児期から英語教育に取り組んでいるパパ・ママは、賛否両論さまざまな意見の間で揺れ動いているのではないでしょうか? 「日本人ならまず英語より日本でしょ。」「意識高い系育児?」「そもそも親が喋れないのに?」「母国語もままならないのに?」「二言語教育は思考能力が下がるらしいよ。」「義務教育が始まってからで十分じゃない?」「林修先生も必要ないって言ってるよ。」 などなど…...

絵本に興味のなかった子どもが気に入る絵本〜共通する法則はこれだった〜

絵本の読み聞かせは知育教育の基本と考えるパパ・ママが多いのではないでしょうか? パパLEO夫婦も同じように考えています。だから息子が絵本に全く興味を示さないことに焦りました。この子、このままで大丈夫かな?と。 無理強いしてより嫌いになったらよくないからと絵本の読み聞かせをほぼ諦めてから約2年。この間妻はパパLEO以上に心配していました。 でも3歳を目の前にしてようやく、息子が「絵本を読んで。」と言うようになったんです!...

子どもの英語学習におすすめの「DVD」と「英語の本」をまとめてご紹介

お子さんにDVDを観せて英語の習得に役立ててあげたいけど、効果的なDVDがわからず、お困りではありませんか? そういった疑問にお答えします。 この記事でご紹介するのは、 子どもの英語学習にお薦めのDVDを8作品 親にとっても効果的な、DVDの視聴方法 さらに、DVDを子どもに観せっぱなしだと気が引けるパパ・ママに向けて、おすすめの英語の絵本 です。ここでご紹介するDVD作品は、どれも、子どもだけでなく、大人が観ても楽しめる映画ばかりです。この記事を読んで子どもと英語の学習を効果的に、楽しく行いましょう!...

子どもがリピート再生!英語が学べるYouTube動画、厳選4チャンネル

お子さんにYouTubeを使って英語の習得をさせてあげたいけれど、効果的な動画がわからずお困りではありませんか? パパLEOも、初めて息子にYouTubeを観せようとタブレットを渡した時にふと、「どの動画を観せたらいいの?」と迷ってしまいました。 その時は適当に英語の歌の動画を選んで観せたのですが、何日かすると息子が気に入った動画がわかってきました。気に入った動画は、「もう一回」とか「●●が観たい」とか言うようになったのです。...

英語圏の子ども達に人気でよく歌われている英語の歌15曲!おすすめCDも紹介

お子さんと一緒に英語の歌を歌ってあげたいけれど、どの歌がいいかわからず困ったことがありませんか? わが家でも息子が生まれた時に、小さいうちから英語に耳を慣れさせてあげたいと思い英語の歌のCDを購入しました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。...

英語力・プレゼン力。インド式教育プログラムは本当にすごいのか?わが家の体験実録

「インド人は二桁の掛け算を暗算できて数学に強い」 というのは有名な話で、実際に、インド人エンジニアは世界中で活躍しています。 とはいえ、少し前までパパLEOは、「自分とは関係ない世界の話だけど、インドの教育ってすごいんだろうなぁ。」くらいにしか思っていませんでした。   が、ひょんなことから息子がバンコクでインド式幼稚園に通うことになり、そこで1歳半から2歳半までの一年間を過ごしました。 わずか一年という期間でしたが、グローバル社会の中で存在感と勢いを増すインドの教育や親の意識に触れられたのは、貴重な体験でした。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

バンコク在住5年目です。しばらくはバンコク近辺でのお出かけ・子育て情報がメインになると思います。文章だけでわかりづらいものや雰囲気もあるので、YouTubeでも発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

Share This