パパLEOのプロフィール:新しいチャレンジとしてブログを始めました。

2019-03-15

こんにちは。このブログ「パパLEOの子育てジャングル」を運営しているパパLEO(@LEOJungle2)と申します。

このページでは、このブログとパパLEO自身の自己紹介をしています。

目次

1. パパLEOについて

パパLEOは現在タイの首都バンコクに住んでいます。いわゆるサラリーマンの駐在というやつです。バンコク生活はもうすぐ丸5年。日本にある本社の要望とタイ現地のスタッフや仕事環境の間で板ばさみの日々を送っている30代後半のサラリーマン兼パパです。

 

妻とバンコク生まれの息子との3人家族。バンコク生活を楽しんでいる最中ではありますが、今勤めている会社を辞めてバンコクに別れを告げ、2019年6月末に日本に帰国予定です。すでに退社の意向は会社にも伝えてあり、退社の了承を得ています。今は残り数ヶ月となったバンコク生活を悔いのないように過ごし中です。

 

僕が会社を辞める決断をした理由ときっかけはこちらの記事に書いてありますので、興味のある方は読んでいただけたら嬉しいです▼

2. ブログを始めたきっかけ

ブログを始めたのは、会社を辞める決断をしたことと関連しています。端的に言えば、会社を辞めて収入がなくなるからブログで稼げるようになりたいと思ったことが始まりです。

 

パパLEOは会社を辞めて転職するのではなく、独立の道を選びました。独立といってもこれまでやってきた仕事で独立するわけではありません。新しい事業にチャレンジするつもりです。

 

でも新しい事業が成功するかどうかわかりません。新しい事業からの収入は当分見込めないどころか、最初は持ち出しばかりになります。会社からのお給料という安定収入がなくなるので、自分で他にも収入源を作り出してリスクヘッジしておく必要があります。

 

それにせっかく会社を辞めるのだから、自分がやりたいと思っていたことを全部やってみようと考えています。ブログもやってみたかったことの1つなので、収入源として成長させることを目標にチャレンジすることにしました。

3. このブログ「パパLEOの子育てジャングル」で発信していること

このブログではその名のとおり「子育て」とか「子育て中の家族」に関する情報を発信しています。

中でも以下のカテゴリーについて書くことが多いです。

 

◆幼児教育(特に英語教育)

現在はタイに住んでいて息子は英語教育を受けているので、特に英語教育に関する体験や実践を記事にしています。

 

◆お出かけ情報

家族で行って良かったタイ国内外のお出かけスポット観光する時のお役立ち情報を紹介しています。タイ旅行をするご家族やタイ在住歴がパパLEOより浅い方に向けて書いています。

 

◆暮らしに関わる情報

仕事のことやお金のことなど、パパLEO一家が生活をより良くするために実践していること、考えていることなどを記事にしています。会社を辞めて日本に帰ったら、このカテゴリーについて書くことが増えそうです…。

 

子育てジャングルなんて銘打ってますけど、イクメンでもないし家事も得意ではありません。普通のパパです。

でも普通のパパでもできることがあるということを発信していけたらと思っています。

 

記事を書く時に気をつけているのは、書く内容は自分で体験・実践したものや、ちゃんと調べたものに限るということです。読んでくださる方が安心して選べるようなものや情報を書いていきます。

 

ちなみにブログのデザインは妻にやってもらいました。世の中のパパだけでなくママにも読んでもらいたかったし、ブログを見てくれた方にほんわかした優しい気持ちになってほしくて、女性目線でのかわいい感じのデザインにしてもらいました。

4. パパLEOの趣味

パパLEOはテニス歴15年以上で、大学では体育会テニス部に所属していました。なのでテニスが好きですが、今は自分でプレーすることには興味がなくて観るの専門です。

代わりにプレーしているのがゴルフです。タイにはゴルフ場がたくさんあるので、仕事の付き合いや友達との交流で色々なコースに行きました。といってもゴルフにどハマりしているわけではなく、やっぱり趣味程度です。

 

体育会テニス部に所属するほどだから、よっぽど体育会系な人なんだろうと思われるかもしれませんが、僕は体育会系とは真逆のタイプです。

子どもの頃から鼻炎・アトピー・ぜんそくといったアレルギーに悩まされていて、今でもそれは続いています。ストレスにも弱いのでしょっちゅうお腹を壊します。

 

なんで体育会の部活に入っちゃったんだろう?って感じです。身体もメンタルも弱いのに体育会で厳しい練習についていくのはほんと大変でした。

 

でもそのおかげで、体調維持やメンタルトレーニングについて調べまくる健康オタクにはなりました。これまでも色々試してきましたし、現在もストレスマネージメントの瞑想に取り組んでいます。

これから会社を辞めてサラリーマン時代とは違うストレスが山のようにかかってくるだろうと思います。正直今でも退職後のことを考えて不安MAX状態です。現在進行形でお腹を壊してます。

 

不安やストレスに対する対処法についても、いずれ記事にしてみたいと思います。

5. パパLEOへのメッセージはこちらから

以上、パパLEOがブログを始めたきっかけや、どんな人物かについて書きました。つたない説明でしたが少しでも僕のことがみなさんに伝わっていれば幸いです。

ブログの記事を書くのは思った以上に大変で、簡単に収益になるようなものじゃないことも、2ヶ月半続けてみてじゅうぶんわかりました。

全く成果が出ず凹むこともしょっちゅうです。でも数は多くなくても読んでくださっている方がいることに励まされ、まずは継続!を目標に記事更新しています。

時には弱音も吐きたくなるので、ツイッター、インスタ、Youtubeなどでフォローして応援していただけたら、めちゃくちゃ嬉しいです!

お問い合わせについては、SNSのDMでも構いませんし、本ブログのお問い合わせフォームからもどうぞ!

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

ドコモのSIMロック解除をオンラインで。手順とつまずきポイント・解決策まとめ

実家の父から、ドコモで契約したタブレットのSIMロックを解除したいから手伝ってほいしと言われ、オンラインでSIMロック解除しました。 ドコモのSIMロック解除は店頭でやってもらうことも可能ですが、3,000円(税抜)の手数料がかかります。 店頭まで行くのも面倒だし、オンラインなら無料なので、できればオンラインで解除したいところです。 SIMロック解除なんて簡単だと思っていたんですが、意外に手こずり時間がかかる結果に。 その理由は、以下の2点でした。 公式サイトを見ても、どこにSIMロック解除方法が記載されているのかわかりづらかった...

おうち英語のヒントに。インターナショナル幼稚園での知育遊びを8つ紹介

インターナショナル幼稚園ってどんなことをやっているの?普通の幼稚園とは違うのかな? そんな疑問を持っているパパ・ママに向けてこの記事を書きました。 約1年間、タイのバンコクでインターナショナルスクールの2〜3歳児クラスに通った息子が、教室でどんなことをやったのか、その一部をご紹介します。 2〜3歳児クラスでの学びとはいえ、取り組む最中の親からの語りかけ、問いかけの量・レベルを上げることで、5〜6歳児でも十分楽しめるものもあります。 おうち英語はもちろん、英語に関係なく知育の参考になる要素もたくさんありました。...

バンコク3大寺院、子連れでもワット・アルンなら楽しめる。その理由と行き方

ワット・ポー、ワット・プラ・ケオ、ワット・アルンはバンコクの3大寺院と言われています。 観光でバンコクを訪れた人の多くが足を運ぶバンコク最大の観光スポット。 ですが、バンコクの3大寺院巡りは、小さな子連れ家族には向きません。 理由は『暑い・歩く・並ぶ』の観光3大苦がそろっているから。大人だけで出かけても、暑さと人の多さで辟易して、全部回れずに戻ってくるケースが結構あります。 それでもせっかくバンコクに行ったら、1つくらいはお寺を訪れたいと思うもの。...

格安と評判のDMM英会話を3歳児が体験!時期尚早だった理由と体験内容レビュー

リップルキッズパークの体験レッスンで、息子が思った以上に英語学習を楽しめていたので、オンライン英会話に俄然前向きになったわが家。 リップルキッズパークに続き、DMM英会話の体験レッスンもやってみました。 DMM英会話は料金設定が格安と評判が高いオンライン英会話です。 >>DMM英会話公式サイトを見てみる リップルキッズパークは非常に良かったです!ただ、週に1〜2回オンライン英会話をやるだけだと、英語を話す機会が十分じゃないと感じました。(ママウマ) できれば毎日英語を話す機会を作ってあげたい。 ⬇︎...

リップルキッズパークを3歳児が体験→超満足!【申し込み手順・子供の反応・注意点など】

日本帰国後は、子どもにオンライン英会話を習わせたいと考えているわが家。 何事もまずはトライアル!ということで、子供向けオンライン英会話のリップルキッズパークを体験しました。 リップルキッズパークは、オンライン英会話の草分け的存在「レアジョブ」が始めた、子供専用オンライン英会話です。 >>リップルキッズパーク公式サイトを見てみる 実はパパLEOも、昔レアジョブを受講したことがあります。それで馴染みがあったので、最初の無料体験レッスンはリップルキッズパークを選びました。...

早期英語教育は「目的設定」と「目的に合った学習方法」が重要【親がブレないためのガイド】

みなさんは子どもの英語教育について明確な方針や意見を持っていますか? 日本では幼児期からの英語教育が、諸手を挙げて賛成されているわけではありません。 幼児期から英語教育に取り組んでいるパパ・ママは、賛否両論さまざまな意見の間で揺れ動いているのではないでしょうか? 「日本人ならまず英語より日本でしょ。」「意識高い系育児?」「そもそも親が喋れないのに?」「母国語もままならないのに?」「二言語教育は思考能力が下がるらしいよ。」「義務教育が始まってからで十分じゃない?」「林修先生も必要ないって言ってるよ。」 などなど…...

頭髪に効果ありのバタフライピーシャンプー、おすすめ商品・使用実感・販売店紹介

日本で「青いお茶」として流行っているバタフライピー。タイが原産地だということはご存知ですか? タイではバタフライピーはアンチャンと呼ばれ、飲料やシャンプーとして愛用されています。 実はバタフライピーは、タイ在住の日本人の間では、お茶としてはもちろんですが、むしろシャンプーとして有名です。 なぜかというと、バタフライピーシャンプーは「白髪や抜け毛に効果がある」と言われているからなんです。 これはアラサーからアラフィフくらいの年齢層が多い日本人駐在員とその奥さんにとっては気になる触れ込みです。...

ジムトンプソン商品が3〜7割引のアウトレット店。豊富な商品からお得にお土産を選ぼう

以前男性向けのバンコク土産の記事を書いた時に、ジムトンプソンのハンカチを紹介しました。 アウトレットだと通常の店舗より安いので、時間があればアウトレットに行ってみてくださいと書いたんですが、ハンカチだけのためにアウトレットまで行くのは無駄ですよね。...

子連れ家族がチャトチャック週末マーケットを満喫したいなら子供博物館を活用しよう

「チャトチャックウィークエンドマーケット」は、バンコクに来たからには行きたい!という方が多い、バンコク屈指の買い物スポットです。 ですが敷地が広くて迷路のようになっていて、しかも暑いので、子どもを連れて行くにはちょっと厳しい場所です。 パパLEOの家族もバンコクに来るたびにチャトチャックウィークエンドマーケットに行きたいと言いつつ、子どもがいるので断念していました。 もしくは子どもを連れて行ってみるものの、子どもが疲れてしまい充分に買い物をできないまま戻って来るというパターンでした。...

バンコクから日帰りクレット島観光。子連れならマーケット3割・サイクリング7割がおすすめ

バンコクから1時間の距離にあり、半日観光に最適なクレット島。前から気になっていましたが、なかなか行く機会がありませんでした。 島というとビーチリゾートが思い浮かびますが、クレット島は違います。クレット島はチャオプラヤー川が二股に分かれることによってできている中州みたいな島なので、リゾート感は全くありません。泳いだりする場所でもありません。 子連れ向けアクティビティが特に無いので行く機会がなかったのですが、行ってみたら子連れでの意外な楽しみ方がありました。 さっそくこの記事で紹介したいと思います。 目次...

イラスト出典:

Hand vector created by Freepik
SPONSORED LINK
パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

バンコク在住5年目です。しばらくはバンコク近辺でのお出かけ・子育て情報がメインになると思います。文章だけでわかりづらいものや雰囲気もあるので、YouTubeでも発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

Share This