peep inside animal homes|ほのぼのした絵柄と仕掛けで動物の生態を学べる英語絵本

2019-11-15 | おすすめ英語絵本

絵本から学ぶ英語表現」もピックアップしますので、親子で一緒に英語力アップしちゃいましょう!

絵本の中には大人にとっても有用な表現が結構あります。

子どもへの読み聞かせのついでに、パパ・ママもどんどん英語表現を習得できて一石二鳥です。

目次

1. peep inside animal homesをおすすめする理由

今回おすすめする英語の絵本は、peep inside animal homesです。

peep inside animal homesがおすすめなのは、以下3つの理由から。

  • カラフルで可愛いイラスト
  • 小さい子どもでもめくりやすい仕掛け
  • 動物の生態が学べる

1-1. カラフルで可愛いイラスト

peep inside animal homesはusborne社の絵本です。

usborne社の絵本はどれもイラストが素敵。この絵本も個性的でカラフルで可愛いイラストが魅力的です。

peppa pig - good night, peppa - 1
思わず手に取りたくなる英語絵本です。

1-2. 小さい子どもでもめくりやすい仕掛け

peep inside animal homesでは、木の中、土の中、茂みの中など、色んなところに住みかを作って住んでいる動物たちの様子が描かれています。
peppa pig-good night, peppa-2
動物たちの住みかの部分がめくれる仕掛けになっています。

小さな子どもでもめくりやすい仕掛けなので、子どもが喜んで積極的に手を伸ばします。

1-3. 動物の生態が学べる

イラストが可愛くてほんわかしている一方、動物たちが巣の中でどんな生活をしているのかが丁寧に書かれています。
peppa pig-good night, peppa-2
楽しく読みながらも、生物について学べる英語絵本です。

2. peep inside animal homesのあらすじ

あらすじと言いつつ、翻訳に近くなってしまっています。

結構長いので、興味のない方は飛ばし読みでもOKです。

パパLEO

いくつかの動物は人間がつくった家で住んでいます。農場では馬たちは馬小屋に住んでいます。

 

この小さな家には誰が住んでいるのかな?

 

野生の動物たちは至る所に住んでいます。自分たちで家をつくって。

 

この池にはどの動物が住んでいるのか見えるかな?

 

高いところに住むのが好きな動物もいます。この大きな木はたくさんの種類の動物たちの住みかです。

 

地面の下に穴を掘って家をつくる生き物もいます。この斜面の下には誰が住んでいるかな?

 

忙しいハチたちはミツバチの巣に住んでいます。何千ものハチがひとつの巣に一緒に住んでいます。

 

トゲトゲのイバラの中には織って作られた小さな巣に住んでいる動物もいます。

 

暑い砂漠では、小さな白アリが土、泡、フンなどから大きな盛り土をつくっています。

 

何百もの白アリがひとつの盛り土に住んでいます。

 

凍えるほどの雪の中には、快適な巣を掘り、そこで冬の間中過ごします。

ビーバーは木が倒れるまでかみ切ります。

 

せき止められた川は湖になります。川の水が流れないところでビーバーは木の枝と泥で家を作ります。

 

海の下では、たくさんの生き物が安全なサンゴ礁の中に住んでいます。

 

テントを作るためにこの大きな葉を折り畳んだのは誰?

 

全ての動物が家を作るわけではありません。自由に歩き回り毎晩違う場所で寝る動物もいます。

仕掛けをめくった下に書かれた文章は読んでのお楽しみということで、あらすじの中には詳しく書き出しませんでした。
パパLEO

3. 絵本の内容と子どもの反応

3-1. ウサギの巣

ウサギの巣がどんな形になっているか、ママウマは知りませんでした。

でもこの英語絵本を読んで初めてこんな形をしていることがわかりました。

巣の中に通路がたくさんあるのは敵から逃げやすいからだという理由も、この絵本から知りました。
大人にとっても学びがある英語絵本です。

子どもは「ウサギと、アリと、ミミズが住んでる。」と細かいところまで気にしていました。

大人とはまた違う視点で見ているんですね。

ママウマ

3-2. 白アリの巣

大きな盛り土の白アリの巣は中に色々な空間があります。
このイラストを見て、子どもの頃アリを飼ってアリの巣作りを観察したのを思い出しました。
道端で何かを運んでいるアリを見かけ、「このアリはどこに行くの?」と子どもに聞かれたことがあります。

その時には「食べ物を巣に持って帰るんだよ。」と答えました。

でも実際に巣がどんな構造になっているのか、子どもにはイメージできていなかったようです。

この絵本でアリの巣の様子を見せることができて良かったです。

ママウマ

3-3. ヤドカリの引っ越し

ヤドカリが小さくなった貝殻から大きな貝殻に交換することを、うちの子どもはこの英語絵本から学びました。

最初はうまく理解できていなかったようですが、何度かめくったり閉じたりしているうちに納得したようでした。

そういえばヤドカリも小学校のクラスで飼育していました。

大きめの貝殻を水槽に一緒に入れておいて、そっちにヤドカリが移動した時にすごく嬉しかった記憶もあります。

ママウマ

4. 絵本の中の使える英語表現

4-1. all around

all around」は「辺り一帯(一面)に、至る所に」という意味で使います。

絵本の中ではThere are wild animals living all around.という使われ方をしています。

「野生の動物たちが至る所に住んでいます」という意味です。

使用例

  • There are flowers blooming all around our house.  ⬅︎「私たちの家の辺り一面に花が咲いている」
  • There are bees flying all around here.  ⬅︎「辺り一帯にハチが飛んでいる」

子どもと遊びに出かけたり散歩したりしている時に、親子での会話に使えそうな表現です。

4-2. 《be ~》home to

home to」は「~の所在地である、~がある、~が存在する」という意味で使います。

絵本の中では、This big tree is home to lots of different animals. という使われ方をしています。

「この大きな木にはさまざまな動物がいる」という意味です。

使用例

  • The sea is home to many creatures. ⬅︎「海にはたくさんの生物が生息している」
  • Nara prefecture is home to Japanese culture. ⬅︎「奈良県は日本文化の古里だ」
  • Tokyo is home to a population of 9.27 million people. ⬅︎「東京は927万人の人口を抱える」

This tree is home of と言いたくなってしまいそうですが、home to なんですね。

パパLEOにとっても新しく学んだ表現だったので、ここで取り上げました。

4-3. spiky

spiky」は「先端のとがった、くぎのような、くぎ付きの」という意味で使います。

絵本の中では、In the spiky brambles, someone has woven a little nest.という使われ方をしています。

「トゲトゲのイバラの中に誰かが小さな巣を織った。」という意味です。

使用例

  • Watch out! The leaves are spiky. ⬅︎「気をつけて!葉っぱがトゲトゲだよ。」
  • I saw a spiky head boy.    ⬅︎「ツンツン髪の少年を見た。」

トゲトゲ付きのゴムボールで遊んでいる時に、英語圏の子どもがspiky ballという表現をしていました。

それ以来うちの子どももspikyという表現を時々使っています。

子どもの方が言語を柔軟に吸収して使いこなすのも上手いですね。

4-4. curl up

curl up」にはいくつかの意味がありますが、ここでは「〔体を〕丸くする、丸める」という意味で使います。

絵本の中では、She curls up inside and snooze all day long. という使われ方をしています。

「彼女は中で体を丸くして一日中居眠りする」という意味です。

使用例

  • Roly-poly bugs curl up when you touch them. ⬅︎「ダンゴムシは触ると丸くなる。」
  • He curled up in bed.  ⬅︎「彼は寝床で丸くなった。」

以前、子どもにダンゴムシが丸くなるところを見せた時にcurl upを使いました。

虫とか動物、そして人間も身体を丸めることが意外と多いので、思った以上に使う機会がある英語表現です。

4-5. fold

fold」にはいくつかの意味がありますが、ここでは「折り畳む、折り曲げる」という意味で使います。

絵本の中では、Who has folded this giant leaf? という使われ方をしています。

「この大きな葉を折り畳んだのは誰?」という意味です。

使用例

  • Let’s fold a sheet of paper in two. ⬅︎「紙を二つに折りましょう。」
  • Can you fold your clothes?    ⬅︎「自分の服を畳んでくれる?」

折り紙を折る時にもfoldを使います。たとえば「paper folding」は折り紙遊びという意味です。

折り紙遊びは子どもなら一度はやる機会があるもの。その時に使える英語表現です。

5. まとめ:ほのぼのした絵柄と仕掛けで動物の生態を学べる英語絵本

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

こちらの記事もおすすめです

おうち英語を中心とする英語学習に関する記事一覧です。

英語圏の子ども達に人気でよく歌われている英語の歌15曲!おすすめCDも紹介

英語圏の子ども達に人気でよく歌われている英語の歌15曲!おすすめCDも紹介

お子さんと一緒に英語の歌を歌ってあげたいけれど、どの歌がいいかわからず困ったことがありませんか? わが家でも息子が生まれた時に、小さいうちから英語に耳を慣れさせてあげたいと思い英語の歌のCDを購入しました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。...

英語力・プレゼン力。インド式教育プログラムは本当にすごいのか?わが家の体験実録

英語力・プレゼン力。インド式教育プログラムは本当にすごいのか?わが家の体験実録

「インド人は二桁の掛け算を暗算できて数学に強い」 というのは有名な話で、実際に、インド人エンジニアは世界中で活躍しています。 とはいえ、少し前までパパLEOは、「自分とは関係ない世界の話だけど、インドの教育ってすごいんだろうなぁ。」くらいにしか思っていませんでした。   が、ひょんなことから息子がバンコクでインド式幼稚園に通うことになり、そこで1歳半から2歳半までの一年間を過ごしました。 わずか一年という期間でしたが、グローバル社会の中で存在感と勢いを増すインドの教育や親の意識に触れられたのは、貴重な体験でした。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

5年間のバンコク生活を経て今は東京在住。久々の日本での生活が安定するまでしばらくかかりそうです。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

Share This