おうち英語のヒントに。インターナショナル幼稚園での知育遊びを8つ紹介

2019-06-23 | 英語学習

インターナショナル幼稚園ってどんなことをやっているの?普通の幼稚園とは違うのかな?

そんな疑問を持っているパパ・ママに向けてこの記事を書きました。

約1年間、タイのバンコクでインターナショナルスクールの2〜3歳児クラスに通った息子が、教室でどんなことをやったのか、その一部をご紹介します。

2〜3歳児クラスでの学びとはいえ、取り組む最中の親からの語りかけ、問いかけの量・レベルを上げることで、5〜6歳児でも十分楽しめるものもあります。

おうち英語はもちろん、英語に関係なく知育の参考になる要素もたくさんありました。

インターナショナル幼稚園に興味がないパパ・ママにとっても何かしら役立つ内容があれば幸いです。

この記事はママウマが担当しています。よろしくお願いします。

目次

1. 約1年間過ごしたインターナショナル幼稚園について

息子は1歳半から2歳半までの約1年間、インド式幼稚園に通っていました。

そして約11ヶ月前に、インド式幼稚園から今のインターナショナルスクールに転園。

▼関連記事▼

インド式幼稚園をやめた理由は上の記事に書いてあります。興味があればこちらも読んでみてくださいね。

インターナショナル幼稚園に転園した息子は、先日無事に2学期目を修了しました。

この記事は、修了時に持ち帰った、『1年間の学びをまとめたポートフォリオ』『先生からのレポート』『父母参観で見聞きしたこと』を元に書いています。

バンコクのインターナショナル幼稚園なので、日本にあるインターナショナル幼稚園とは少し勝手が違うかもしれません。

それにインターナショナル幼稚園と言っても色々あります。息子が通っている幼稚園の例が全てではないので、ご了承ください。

ちなみに、この幼稚園は、高校まであるインターナショナルスクールの幼稚園ですが、イギリスの名門校インターとかそういう触れ込みの有名校ではありません。

わが家がこの幼稚園に息子を入れたのも、住居から近かったのが理由です。

インターナショナルスクールというと気合いが入った親が多そうに思われるかもしれません。そういう学校もあるとは思います。

でもこの学校は、駐在等でバンコクに住んでいる外国人の子どもが、主には住居から近いという理由で通っている感じです。もちろん地元のタイ人の子どもも一定数通っています。

ゆる〜いインターナショナルスクールです。

2. 知育遊びを8つご紹介。おうち英語・知育へのヒントも

自分の身体的特徴について学ぶ

1. 身体の型取りと色塗り

全身を使って身体の部位について学ぶ面白い手法だと思いました。

大掛かりに見えて、大きな紙と絵の具があれば家でもできる点が良いですよね。

2. 自分の顔のパズル Part ❶

顔パズルも、自分の顔でやることで自己認識に繋がります。

顔写真をプリントすれば家でも簡単。家族全員分作ってもいいですね。

3. 自分の顔のパズル Part ❷

まず自分がどんな特徴をしているかを受け入れることから始まり、他者を受け入れる心が育まれるのだと理解しました。

こんなふうに色んな人種または年齢の顔写真でパズルを作ってあげると、ダイバーシティーの受け入れにも繋がりますよね。

4. 人の顔を作る

家での粘土遊びはマンネリ化していたので、こういう遊び方もあるんだ!と発見でした。

もう少し年齢が上がれば、鼻や口を立体的に作って付けることができるのかもしれませんね。

自分自身を表現する

5. カラオケマイクで代わりばんこに歌う

クラスメイトの前で一人で歌うことで、度胸もつくし、シェアすることも学べるんですね。

カラオケマイクでこういう学びもできるんだ〜という新しい発見でした。

6. 同じ色の服を着て、その色のおもちゃをシェア

家でも、今日は「黄色の日」と言って親子で同じ色の服を着て、色とそこから派生する物などについて学んだりできそうだと思いました。

7. トングとポンポンを使った色の分類

マフィンの型、色紙、トング、ポンポンなど、100均や手芸店に行けば安価で手に入る物で作れる知育アイテム。家でも作れる手軽さが良いです。

8. 家族の写真を説明

我が家はアルバム整理もしていなければ、フォトフレームに写真を飾ることもしていません。

でも、写真って意外と親子のコミュニケーションのきっかけになるし、写真を飾ることで子どもの自己認識、自己肯定に繋がったりするように感じます。

というわけで、今後は写真を飾りたいと思います。

3. 日本ではおうち英語にシフト予定

以上、インターナショナル幼稚園でどんなことをやっているのか、その一部をご紹介しました。

紹介したのは8つのアイデアだけですが、全部やってみると、意外と色んな発見があると思います。

息子は遊びながら学ぶスタイルが楽しいようで、最近は幼稚園が好きだと言うようになりました。

とても楽しんでいる息子には悪いのですが、わが家はもうすぐ日本に帰国します。

しかも、日本に帰ったらインターナショナルスクールではなく、日本の保育園または幼稚園に息子を入れる予定です。

息子がせっかく使えるようになった英語。日本に帰ってからも覚えていてもらうためには、おうち英語を頑張らなきゃなりません。

▼関連記事▼

おうち英語を頑張るために、わが家が色々調べたことをまとめた内容は上の記事に書いてあります。興味のある方は、ぜひこちらも読んでみてください。

そんな中、インターナショナル幼稚園での学びを記事にまとめようと思ったきっかけがありました。

それは学期末の父母参観イベントの時。1年間の学びの中から主なものが、教室に展示されていました。

先生から簡単に説明があり、その展示を見ると、『家でもできそう!』『家でもやってあげたら息子が喜ぶかも?!』と思うものがあり。

今後のためにも、おうち英語のヒントになる要素をまとめて記事にしておきたいと考えたんです。

インターナショナル幼稚園での学びとはいえ、実際には言語に関係なく取り組めることばかりでした。

記事を読んでくださった方にとって、おうち英語、または知育の観点で、役に立つ要素が少しでもあれば嬉しいです。

こちらの記事もおすすめです

乳幼児からの早期英語教育には「目的設定」と「適した手法」が大切です。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

子供向けオンライン英会話は複数社で体験・比較すべき。その理由とわが家の体験レビュー

子供向けオンライン英会話は複数社で体験・比較すべき。その理由とわが家の体験レビュー

お子さんに英会話を習わせてあげたいけど、「教室に通う時間がない」「英会話教室はレッスン料が高い」といった理由で、オンライン英会話を検討しているご家庭も多いんじゃないでしょうか? わが家はまさに「子ども向けオンライン英会話」を検討中で、これまでに3社(リップルキッズパーク、DMM英会話、GLOBAL CROWN)の体験レッスンを受けました。 3社の体験レッスンを受けてわかったことが1つあります。 それは、子ども向けオンライン英会話は必ず複数社で体験すべきということです。...

YouTubeで観れる幼児向けおすすめ英語動画シリーズ4選。絵本との連動で親の罪悪感も軽減

YouTubeで観れる幼児向けおすすめ英語動画シリーズ4選。絵本との連動で親の罪悪感も軽減

わが家では英語習得のため(という名目で…)、子どもが小さい頃から割と自由にYouTube動画を観せています。 子どもが3歳を過ぎた頃から、ストーリーのある英語アニメーションのシリーズ動画を好んで観るようになりました。  子ども向けの教育番組っぽい内容の英語YouTubeチャンネルはこちらの記事をご覧ください。 子どもがよく観ている英語動画を横から覗き見していて、...

GLOBAL CROWNを体験。マンツーマン英語家庭教師という表現がぴったりな理由

GLOBAL CROWNを体験。マンツーマン英語家庭教師という表現がぴったりな理由

わが家の3歳児が、リップルキッズパーク 、DMM英会話に続き、GLOBAL CROWNの無料体験もやりました。 GLOBAL CROWNに興味を持ったのは、専用アプリでレッスンを受けられるという理由から。 GLOBAL CROWN公式サイト:自宅でマンツーマン英会話!子ども英会話の【GLOBAL CROWN】 結果、専用アプリで受講できるのは相当便利でした。 体験したことで、GLOBAL CROWNの魅力もよく理解できました。 一言でいうと、GLOBAL...

格安と評判のDMM英会話を3歳児が体験!時期尚早だった理由と体験内容レビュー

格安と評判のDMM英会話を3歳児が体験!時期尚早だった理由と体験内容レビュー

リップルキッズパークの体験レッスンで、息子が思った以上に英語学習を楽しめていたので、オンライン英会話に俄然前向きになったわが家。 リップルキッズパークに続き、DMM英会話の体験レッスンもやってみました。 DMM英会話は料金設定が格安と評判が高いオンライン英会話です。  DMM英会話公式サイトを見てみる リップルキッズパークは非常に良かったです!ただ、週に1〜2回オンライン英会話をやるだけだと、英語を話す機会が十分じゃないと感じました。(ママウマ) できれば毎日英語を話す機会を作ってあげたい。 ⬇︎...

【口コミ・評判】リップルキッズパークを3歳児が体験。申し込み手順・子供の反応・注意点など

【口コミ・評判】リップルキッズパークを3歳児が体験。申し込み手順・子供の反応・注意点など

日本帰国後は、子どもにオンライン英会話を習わせたいと考えているわが家。 何事もまずはトライアル!ということで、子供向けオンライン英会話のリップルキッズパークを体験しました。 リップルキッズパークは、オンライン英会話の草分け的存在「レアジョブ」が始めた、子供専用オンライン英会話です。 こども英会話ならリップルキッズパーク 実はパパLEOも、昔レアジョブを受講したことがあります。それで馴染みがあったので、最初の無料体験レッスンはリップルキッズパークを選びました。 レアジョブを経験したことがあるとはいえ、6年ぶりのオンライン英会話。...

早期英語教育は「目的設定」と「目的に合った学習方法」が重要【親がブレないためのガイド】

早期英語教育は「目的設定」と「目的に合った学習方法」が重要【親がブレないためのガイド】

みなさんは子どもの英語教育について明確な方針や意見を持っていますか? 日本では幼児期からの英語教育が、諸手を挙げて賛成されているわけではありません。 幼児期から英語教育に取り組んでいるパパ・ママは、賛否両論さまざまな意見の間で揺れ動いているのではないでしょうか? 「日本人ならまず英語より日本でしょ。」「意識高い系育児?」「そもそも親が喋れないのに?」「母国語もままならないのに?」「二言語教育は思考能力が下がるらしいよ。」「義務教育が始まってからで十分じゃない?」「林修先生も必要ないって言ってるよ。」 などなど…...

絵本に興味のなかった子どもが気に入る絵本〜共通する法則はこれだった〜

絵本に興味のなかった子どもが気に入る絵本〜共通する法則はこれだった〜

絵本の読み聞かせは知育教育の基本と考えるパパ・ママが多いのではないでしょうか? パパLEO夫婦も同じように考えています。だから息子が絵本に全く興味を示さないことに焦りました。この子、このままで大丈夫かな?と。 無理強いしてより嫌いになったらよくないからと絵本の読み聞かせをほぼ諦めてから約2年。この間妻はパパLEO以上に心配していました。 でも3歳を目の前にしてようやく、息子が「絵本を読んで。」と言うようになったんです!...

子どもの英語学習におすすめの「DVD」と「知育絵本」をまとめてご紹介

子どもの英語学習におすすめの「DVD」と「知育絵本」をまとめてご紹介

お子さんにDVDを観せて英語の習得に役立ててあげたいけど、効果的なDVDがわからず、お困りではありませんか? そういった疑問にお答えします。 この記事でご紹介するのは、 子どもの英語学習にお薦めのDVDを8作品 親にとっても効果的な、DVDの視聴方法 さらに、DVDを子どもに観せっぱなしだと気が引けるパパ・ママに向けて、おすすめの英語の絵本...

子どもがリピート再生!英語が学べるYouTube動画、厳選4チャンネル

子どもがリピート再生!英語が学べるYouTube動画、厳選4チャンネル

お子さんにYouTubeを使って英語の習得をさせてあげたいけれど、効果的な動画がわからずお困りではありませんか? パパLEOも、初めて息子にYouTubeを観せようとタブレットを渡した時にふと、「どの動画を観せたらいいの?」と迷ってしまいました。 その時は適当に英語の歌の動画を選んで観せたのですが、何日かすると息子が気に入った動画がわかってきました。気に入った動画は、「もう一回」とか「●●が観たい」とか言うようになったのです。...

英語圏の子ども達に人気でよく歌われている英語の歌15曲!おすすめCDも紹介

英語圏の子ども達に人気でよく歌われている英語の歌15曲!おすすめCDも紹介

お子さんと一緒に英語の歌を歌ってあげたいけれど、どの歌がいいかわからず困ったことがありませんか? わが家でも息子が生まれた時に、小さいうちから英語に耳を慣れさせてあげたいと思い英語の歌のCDを購入しました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

5年間のバンコク生活を経て今は東京在住。久々の日本での生活が安定するまでしばらくかかりそうです。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

この記事の目次

おうち英語や知育のヒントに。インターナショナル幼稚園での知育遊びを8つ紹介

1. 約1年間過ごしたインターナショナル幼稚園について
2. 知育遊びを8つご紹介。おうち英語・知育へのヒントも
3. 日本ではおうち英語にシフト予定

Share This