Garden Sounds|優しい音が聴こえる意外さに子供が耳を傾ける英語絵本

2019-06-07 | おすすめ英語絵本

英語の絵本を購入する前に、どんな中身か確認しておきたいと思いませんか?

英語の絵本は大型書店に行かないと置いてないので、わが家ではネット注文することも多いです。でも届いてから期待していたのとちょっと違ったなんてことも…。

この記事は同じように感じているパパ・ママに向けて書きました。

買ってしまってから「失敗した〜」ってことにならないように、英語絵本について、おすすめ理由・あらすじ・中身の紹介をします。

今回はおすすめ英語絵本シリーズ12冊目Garden Sounds」です。

絵本の中の「使える英語表現」もピックアップしますので、親子で一緒に英語力アップしちゃいましょう!

絵本の中には大人にとっても有用な表現が結構あります。

子どもへの読み聞かせのついでに、パパ・ママもどんどん英語表現を習得できて一石二鳥です。

目次

1. Garden Soundsをおすすめする理由

今回おすすめする英語の絵本は、Garden Soundsです。

Garden Soundsがおすすめなのは、以下2つの理由から。

  • 色使いや絵柄が素敵
  • 絵本からリアルな音が聞こえる

1-1. 色使いや絵柄が素敵

Usborne社の仕掛け絵本に共通する魅力は、絵柄が可愛くて色合い鮮やかな点です。

この絵本も例外ではありません。

peppa pig - good night, peppa - 1

子どもの情緒育成に良さそうな、穏やかで優しいタッチも素敵です。

本棚にあるだけで嬉しくなるような英語絵本です。

1-2. 絵本からリアルな音が聞こえる

絵本の一部を押すとセンサーが反応して音が出る仕組みです。

peppa pig-good night, peppa-2

ボタンを押すと音が出る絵本は結構あります。でもパパLEOはこのタイプを見たのは初めてでした。

それに一般的に音が出る絵本は、電子音っぽいものが多いです。

でもGarden Soundsからは、本物の鳥や虫の鳴き声と聞き間違うような、リアルな音が聞こえます。

子どもが喜んで何度も音を確認していました。

2. Garden Soundsのあらすじ

この絵本のあらすじはざっと下記のとおりです。

太陽が庭の上空に昇り、鳥たちがみんな歌い始めます。聴いてごらん。

太陽が高くなるにつれて、次々に鳥たちが歌に加わります。

 

美しく暖かい日。蜂がブンブンと通り、蝶が花の間をひらひらと飛びます。

バッタは脚を羽にこすって柔らかいチュッチュッという音を奏でます。

 

雲が空を覆い、雨がピチョピチョと庭に降ります。
赤ちゃん鳥が雨を避けて巣箱に避難しています。
赤ちゃん鳥の鳴き声を聴いてごらん。

 

下の池沿いでは、魚が水から跳び出し、水をはね、また水に戻っていきます。

その間カエルはハスの葉に座ってゲロゲロ鳴いています。

 

夜が訪れると、庭はとっても静かになります。でも注意深く聴いてみてごらん…何か聴こえるかな?

高い木の枝の上で、鳥がおやすみの歌をさえずっています。

3. 絵本の内容と子どもの反応

絵本の中から特に注目したい内容と、それに対する3歳の息子の反応をご紹介します。

この章は絵本が好きなママウマが担当します。

3-1. 普通の絵本から音が出る意外性

この絵本は、いかにも音が出そうなボタンが付いているわけではありません。

さりげなくセンサーが埋まっています。なので、ぱっと見普通の英語絵本です。

タブレットやスマホには、タッチしたら音が出る知育アプリもたくさんあります。

そっちの方が新しいし、手軽だし良いという意見もあるでしょう。

でも、音が出ると思っていなかった絵本から音が出ることで、子どもの興味は、より強く惹きつけられます。

うちの息子は、タブレットで動画を見たりゲームをしたりする時とは全く違う食いつき方をしました。

▲絵本の背表紙にスピーカーがあることに気づき、センサーをタッチしては音を確認する息子。

普通の絵本ともアプリとも違う刺激のある絵本でした。

3-2. 鳥のさえずりが聞こえるページ

表紙をめくった最初のページからは、朝の鳥のさえずりが聴こえました。

最初のページだったので、息子の反応が一番良かったです。

何度も押しては、絵本に耳を近づけていました。そして、ママウマにも聴かせてくれました。

チチチチという鳴き声と、チュチュチュチュという鳴き声。2種類のリアルな鳥のさえずりに、親も癒されました。

3-3. バッタの羽の音

バッタは脚を羽にこすらせて音を出します。そのことを知らなかった息子は、興味を示していました。

バッタかどうかはわかりませんが、虫の音は夕方になると家の周りで結構聴こえます。

でも虫がどうやって音を奏でるのか、ママも知りませんでした。親も絵本から学ぶことって多いですよね。 

聴き覚えのある音で、息子も納得しているようでした。

4. 絵本の中の使える英語表現

パパLEO的に使えると思う英語表現Garden Soundsからピックアップしました。

子どもへの声かけの例も挙げてみたので、ぜひお子さんと一緒に使ってみてください。

4-1. join in

join in」は「〜に加わる」という意味で使います。 絵本の中では“More and more birds join in with the song.”という使われ方をしています。「鳥がどんどん歌に加わる」という描写です。

使用例

  • Do you want to join in the dance? ⬅︎「ダンスに加わりたい?」
  • Why don’t you join in our party? ⬅︎「あなたもパーティーに参加したら?」

何かに加わることってよくあるので、join inの使いどころも結構あります。

(inを付けずに、joinだけで使う場合もあります。)

4-2. start to

start to」は「〜し始める」という意味で使います。

絵本の中では、“All the birds are starting to sing.”という使われ方をしています。

「鳥たちがみんな歌い始めています。」という意味です。

使用例

  • Flowers are starting to bloom. ⬅︎「花が咲き始めています。」
  • Let’s start to tidy up your toys. ⬅︎「おもちゃを片付け始めよう。」

花が咲き始めている時のように、何かが始まっている状況を描写するのにも使えますし、「●●し始めよう」と促す時にも使えます。

便利な表現ですね。

4-3. rub

rub」は「こする」という意味で使います。

絵本の中では、“A grasshopper rubs its legs on its wings to make a soft chirruping sound.”という使われ方をしています。

「バッタは脚を羽にこすって柔らかなチュッチュッという音を出す。」という意味です。

使用例

  • Put on soap and rub your hands. ⬅︎「石鹸をつけて手をこすってね。」
  • Don’t rub your eyes. ⬅︎「目をこすっちゃダメだよ。」

子どもにしっかり手を洗ってほしい時に、rub your handsと言ったりします。

逆に、汚い手で目をこすっている時にも、don’t rub your eyes という表現が使えます。

5. まとめ:子どもの興味を引きつける効果大!音のしかけ絵本

英語絵本「Garden Sounds」は全10ページ音の出るしかけ絵本です。

めくったり引き出したりするしかけ絵本が得意なUsborne社から出版されているだけあり、安定のクオリティ。

普通の絵本に見えて、センサーを押すと、鳥のさえずりや、虫の音鳴き声、雨の音など様々な自然の音が聞こえる仕掛け。

これに子どもが引きつけられます。うちの息子も何度もセンサーを押して音を確認しました。

リアルな自然の音が聞こえて、子どもの感受性を豊かにしてくれる英語絵本です。

絵柄の可愛さ、美しさ、細部までこだわった作りが素晴らしく、長く手元に置いておきたいと思わせます。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

こちらの記事もおすすめです

おうち英語を中心とする英語学習に関する記事一覧です。

おうち英語のヒントに。インターナショナル幼稚園での知育遊びを8つ紹介

インターナショナル幼稚園ってどんなことをやっているの?普通の幼稚園とは違うのかな? そんな疑問を持っているパパ・ママに向けてこの記事を書きました。 約1年間、タイのバンコクでインターナショナルスクールの2〜3歳児クラスに通った息子が、教室でどんなことをやったのか、その一部をご紹介します。 2〜3歳児クラスでの学びとはいえ、取り組む最中の親からの語りかけ、問いかけの量・レベルを上げることで、5〜6歳児でも十分楽しめるものもあります。 おうち英語はもちろん、英語に関係なく知育の参考になる要素もたくさんありました。...

格安と評判のDMM英会話を3歳児が体験!時期尚早だった理由と体験内容レビュー

リップルキッズパークの体験レッスンで、息子が思った以上に英語学習を楽しめていたので、オンライン英会話に俄然前向きになったわが家。 リップルキッズパークに続き、DMM英会話の体験レッスンもやってみました。 DMM英会話は料金設定が格安と評判が高いオンライン英会話です。 >>DMM英会話公式サイトを見てみる リップルキッズパークは非常に良かったです!ただ、週に1〜2回オンライン英会話をやるだけだと、英語を話す機会が十分じゃないと感じました。(ママウマ) できれば毎日英語を話す機会を作ってあげたい。 ⬇︎...

リップルキッズパークを3歳児が体験→超満足!【申し込み手順・子供の反応・注意点など】

日本帰国後は、子どもにオンライン英会話を習わせたいと考えているわが家。 何事もまずはトライアル!ということで、子供向けオンライン英会話のリップルキッズパークを体験しました。 リップルキッズパークは、オンライン英会話の草分け的存在「レアジョブ」が始めた、子供専用オンライン英会話です。 >>リップルキッズパーク公式サイトを見てみる 実はパパLEOも、昔レアジョブを受講したことがあります。それで馴染みがあったので、最初の無料体験レッスンはリップルキッズパークを選びました。...

早期英語教育は「目的設定」と「目的に合った学習方法」が重要【親がブレないためのガイド】

みなさんは子どもの英語教育について明確な方針や意見を持っていますか? 日本では幼児期からの英語教育が、諸手を挙げて賛成されているわけではありません。 幼児期から英語教育に取り組んでいるパパ・ママは、賛否両論さまざまな意見の間で揺れ動いているのではないでしょうか? 「日本人ならまず英語より日本でしょ。」「意識高い系育児?」「そもそも親が喋れないのに?」「母国語もままならないのに?」「二言語教育は思考能力が下がるらしいよ。」「義務教育が始まってからで十分じゃない?」「林修先生も必要ないって言ってるよ。」 などなど…...

絵本に興味のなかった子どもが気に入る絵本〜共通する法則はこれだった〜

絵本の読み聞かせは知育教育の基本と考えるパパ・ママが多いのではないでしょうか? パパLEO夫婦も同じように考えています。だから息子が絵本に全く興味を示さないことに焦りました。この子、このままで大丈夫かな?と。 無理強いしてより嫌いになったらよくないからと絵本の読み聞かせをほぼ諦めてから約2年。この間妻はパパLEO以上に心配していました。 でも3歳を目の前にしてようやく、息子が「絵本を読んで。」と言うようになったんです!...

子どもの英語学習におすすめの「DVD」と「英語の本」をまとめてご紹介

お子さんにDVDを観せて英語の習得に役立ててあげたいけど、効果的なDVDがわからず、お困りではありませんか? そういった疑問にお答えします。 この記事でご紹介するのは、 子どもの英語学習にお薦めのDVDを8作品 親にとっても効果的な、DVDの視聴方法 さらに、DVDを子どもに観せっぱなしだと気が引けるパパ・ママに向けて、おすすめの英語の絵本 です。ここでご紹介するDVD作品は、どれも、子どもだけでなく、大人が観ても楽しめる映画ばかりです。この記事を読んで子どもと英語の学習を効果的に、楽しく行いましょう!...

子どもがリピート再生!英語が学べるYouTube動画、厳選4チャンネル

お子さんにYouTubeを使って英語の習得をさせてあげたいけれど、効果的な動画がわからずお困りではありませんか? パパLEOも、初めて息子にYouTubeを観せようとタブレットを渡した時にふと、「どの動画を観せたらいいの?」と迷ってしまいました。 その時は適当に英語の歌の動画を選んで観せたのですが、何日かすると息子が気に入った動画がわかってきました。気に入った動画は、「もう一回」とか「●●が観たい」とか言うようになったのです。...

英語圏の子ども達に人気でよく歌われている英語の歌15曲!おすすめCDも紹介

お子さんと一緒に英語の歌を歌ってあげたいけれど、どの歌がいいかわからず困ったことがありませんか? わが家でも息子が生まれた時に、小さいうちから英語に耳を慣れさせてあげたいと思い英語の歌のCDを購入しました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。...

英語力・プレゼン力。インド式教育プログラムは本当にすごいのか?わが家の体験実録

「インド人は二桁の掛け算を暗算できて数学に強い」 というのは有名な話で、実際に、インド人エンジニアは世界中で活躍しています。 とはいえ、少し前までパパLEOは、「自分とは関係ない世界の話だけど、インドの教育ってすごいんだろうなぁ。」くらいにしか思っていませんでした。   が、ひょんなことから息子がバンコクでインド式幼稚園に通うことになり、そこで1歳半から2歳半までの一年間を過ごしました。 わずか一年という期間でしたが、グローバル社会の中で存在感と勢いを増すインドの教育や親の意識に触れられたのは、貴重な体験でした。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

バンコク在住5年目です。しばらくはバンコク近辺でのお出かけ・子育て情報がメインになると思います。文章だけでわかりづらいものや雰囲気もあるので、YouTubeでも発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

Share This