早期英語教育は「目的設定」と「目的に合った学習方法」が重要【親がブレないためのガイド】

2019-05-24

みなさんは子どもの英語教育について明確な方針や意見を持っていますか?

日本では幼児期からの英語教育が、諸手を挙げて賛成されているわけではありません。

幼児期から英語教育に取り組んでいるパパ・ママは、賛否両論さまざまな意見の間で揺れ動いているのではないでしょうか?

「日本人ならまず英語より日本でしょ。」
「意識高い系育児?」
「そもそも親が喋れないのに?」
「母国語もままならないのに?」
「二言語教育は思考能力が下がるらしいよ。」
「義務教育が始まってからで十分じゃない?」
「林修先生も必要ないって言ってるよ。」

などなど…

特に反対意見はより胸に刺さり、どこまで英語教育を熱心にやるべきなのか、迷いが生じますよね。

わが家でも、息子に今後どこまで英語教育をするか悩みます。

でも親が悩みながらやっていると、途中でブレてしまい、子どもにとっても悪影響

それはまずいと思い、飛び交っている様々な意見や情報を整理しました。

結論は、最初の段階で以下の2点を明確にしておくことが重要だということ。

  • 幼児英語教育の最終目的を定める
  • 目的達成のために適した手段を選ぶ

この記事では、パパLEOが整理したこと、つまり、考えうる幼児英語教育の目的を書き出し、それぞれに適した英語学習方法を挙げました。

これらを踏まえておけば、中途半端に英語教育をして子どもを振り回すことがなくなります。

また周りの意見に惑わされずに、英語教育を継続することができるはずです。

わが家と同じようにお子さんの英語教育に不安や迷いがあるパパ・ママにとって、この記事が何らかの役に立てば嬉しいです。

目次

1. 幼児への早期英語教育の目的とそれぞれに適した英語学習方法

英語教育の目的として考えうるものを、軽めの目的から重めの目的まで順に、以下のとおり5段階に分けました。

  1. 英語耳を育てる
  2. 英語への抵抗感をなくす
  3. 受験勉強を有利に進める
  4. 英語で情報収集・思考できる
  5. ネイティブレベルに英語を使いなす

その上で、それぞれの目的達成のために適した英語学習について説明します。

目的1. 英語耳を育てる

子どもが0歳や1歳の時から教材を使い始めている家庭の多くが、英語耳を育てることを目的としています。

それは言語習得には臨界期があり、英語耳を育てるためには、早ければ早い方が良いと考えられているからです。

英語耳を育てるメリットは、英語の聞き取りに苦労せず、ネイティブな発音ができるようになるという点です。

英語耳を育てるためには、毎日継続してネイティブ英語に触れる必要があります。

英語耳を育てるのに適した英語学習

インターナショナルプリスクールに入れるというのは最も理想的な手段ですが、単に英語耳を育てることが目的であれば、インターナショナルプリスクールは費用対効果が良くありません。

目的2. 英語への抵抗感をなくす

英語耳を育てるだけでなく、英語でコミュニケーションすることへの抵抗感を払拭したい場合は、視聴だけでなく、アウトプットする場を設けてあげることが必要です。

英語への抵抗感をなくすのに適した英語学習

アウトプットの機会を設けてあげられる幼児向け英語学習方法として有効なのは、以下の3種類。

  • インプット+アウトプットの英語教材サービス
  • 子ども向けオンライン英会話
  • 英語絵本の読み聞かせ

これもインターナショナルプリスクールが一番効果的ではありますが、あくまで「英語への抵抗感をなくす」ことが目的であれば、費用対効果的におすすめしません。

ネイティブの先生がいる英会話教室に通うことでも、英語への抵抗感や苦手意識は払拭できるかもしれません。ただ、週に1回教室に通うだけだと、効果を期待するのは難しいです。

英会話教室と合わせて、家庭で毎日英語に触れさせてあげることができるならば、英会話教室に通う意味もあるかと思います。

◆インプット+アウトプットの英語教材サービス
◆子ども向けオンライン英会話

大人の英語学習手段として今やすっかりメジャーになったオンライン英会話ですが、子ども専門のオンライン英会話もあることをご存知ですか?

サービスの種類は様々です。料金、対象年齢、レッスン内容などを検討した上で、お子さんに合ったオンライン英会話を選ぶのが良いでしょう。

前述した英語教材同様、ほとんどのオンライン英会話で無料体験レッスンがあるので、まずは無料体験レッスンを受けて、使いやすさやお子さんとの相性を見てみることをおすすめします。

▼関連記事:実際に試してみました!オンライン英会話体験レッスンレポート▼

◆英語絵本の読み聞かせ

親が英語絵本を読み聞かせながら、子どもに問いかけをすることで、アウトプットを促します。

でも急に親が英語で読み聞かせても、子どもが聞きたがらなかったり、英語で答えるのを嫌がることがあります。

そういう時は、オンライン英会話を活用すると良いです。

オンライン英会話の先生に絵本を読んで問いかけもしてもらい、子どもが慣れたら、復習の意味も込めて、親が読み聞かせ&問いかけをしてあげます。

親が読み聞かせする自信がない場合は、前に紹介した英語教材を使ったり、CD付きの絵本を購入するのも1つの手段です。

目的3. 受験勉強を有利に進める

小学校から英語が必修科目になりました。中学受験を想定している家庭では特に、早期英語教育で、子どもがスムーズに英語の勉強ができる土台を作ってあげたいと考えているのではないでしょうか?

受験勉強を有利に進めるのに適した英語学習

英語学習にスムーズに取り組めるための土台作りという点では、これまでに紹介した英語学習方法の全てに効果があります。

ただ、子どもが小学校で英語科目を習い始める時まで継続していることが大切です。

英語教材やオンライン英会話で学んだことが学校の授業で活かせることがわかると、子どもは自信がつき、自主的に英語学習をしたがるという経験談が多くあります。

逆に、中途半端に早期英語教育をしても、子どもが自主的に英語を学んだり使ったりする時期まで続けていないと、勉強が好きで熱心な子どもに追い抜かれてしまいます。

せっかく早期英語教育を始めたなら、少なくとも子どもが小学生に入る頃までは続けたいところです。

早期英語教育で英語への抵抗感をなくし(というか英語学習を楽しめるようにし)、それにプラスして、相応の時期になったら、英語塾や英会話教室で文法や読み書きを学ばせる家庭も多いようです。

目的4. 英語で情報収集・思考できる

英語で情報収集や思考ができるレベルまで持っていくためには、これまでに紹介した方法だけでは不十分です。

高校生・大学生になる頃に、本人の意志で留学するとか、英語オンリーの学校で学ぶとかいうことが必要です。

そもそも将来的に英語を使って仕事をしたいのかどうかは本人の意志によるところです。親の意向だけではどうしようもありません。

でも親っていうのは子どもの意志とは別に、子どもが将来英語を使って不自由なく仕事をでき、外国の人とも問題なくコミュニケーションできるようになってもらいたいと思うものですよね…。(ママウマ心の声)

とはいえ本人の意志がまだはっきりしていない状態で、高額なインターナショナルスクールに通わせる勇気は正直ありません。

それにインターナショナルスクールに入れてしまうと、日本の大学に進学したいと思った時に、受験で苦労することになります。

英語で情報収集・思考できるようになるために適した英語学習

子どもに日本の大学進学という選択肢を残してあげながら英語での思考力を養うのに適しているのは、オンライン・インターナショナルスクールです。

3~12歳のお子様を対象に
英語のレッスンはもちろん、
英語で学ぶ他科目や国際体験の機会を通じて、
学んだ英語を実践する環境を提供しています。

目的5. ネイティブレベルに英語を使いなす

ネイティブレベルに英語を使いこなし、ネイティブと対等にビジネスシーンで渡り合えるレベルまでいくと、将来は日本で働くというよりは、世界中どこでも、条件の合うところで働くことができるようになります。

ネイティブレベルに英語を使いなすために適した英語学習

ネイティブレベルに英語を使いこなすためには、インターナショナルスクールで学び、高校・大学あたりから海外に留学するというのが王道です。

ここまでくると、親の方も相当な覚悟が必要です。

2. わが家の選択:まずは英語への抵抗感をなくすところから

最後に、早期英語教育について一言。

「赤ちゃんのうちから英語を教え込むより、まずは母国語でお母さんがたくさん話しかけてあげることが大切。」という意見をよく目にします。

でも今回、早期英語教育に取り組んでいる家庭の経験談を色々調べて、改めて感じました。

早期英語教育に取り組むほど熱心なママは、そもそも子どもと一緒に英語教材や英会話を楽しんでいます。じゅうぶんに、というか普通以上に子どもと触れ合っています

すでに英語教育に取り組んでいるパパ・ママさんたちには自信を持って継続してほしいです。

これから英語教育をどうしようか迷っているパパ・ママさんたちも、反対意見にめげずに、前向きに検討してほしいです。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

こちらの記事もおすすめです

おうち英語を中心とする英語学習に関する記事一覧です。

子供向けオンライン英会話は複数社で体験・比較すべき。その理由とわが家の体験レビュー

お子さんに英会話を習わせてあげたいけど、「教室に通う時間がない」「英会話教室はレッスン料が高い」といった理由で、オンライン英会話を検討しているご家庭も多いんじゃないでしょうか? わが家はまさに「子ども向けオンライン英会話」を検討中で、これまでに3社(リップルキッズパーク、DMM英会話、GLOBAL CROWN)の体験レッスンを受けました。 3社の体験レッスンを受けてわかったことが1つあります。 それは、子ども向けオンライン英会話は必ず複数社で体験すべきということです。...

YouTubeで観れる幼児向けおすすめ英語動画シリーズ4選。絵本との連動で親の罪悪感も軽減

わが家では英語習得のため(という名目で…)、子どもが小さい頃から割と自由にYouTube動画を観せています。 子どもが3歳を過ぎた頃から、ストーリーのある英語アニメーションのシリーズ動画を好んで観るようになりました。  子ども向けの教育番組っぽい内容の英語YouTubeチャンネルはこちらの記事をご覧ください。 子どもがよく観ている英語動画を横から覗き見していて、...

GLOBAL CROWNを体験。マンツーマン英語家庭教師という表現がぴったりな理由

わが家の3歳児が、リップルキッズパーク 、DMM英会話に続き、GLOBAL CROWNの無料体験もやりました。 GLOBAL CROWNに興味を持ったのは、専用アプリでレッスンを受けられるという理由から。 GLOBAL CROWN公式サイト:自宅でマンツーマン英会話!子ども英会話の【GLOBAL CROWN】 結果、専用アプリで受講できるのは相当便利でした。 体験したことで、GLOBAL CROWNの魅力もよく理解できました。 一言でいうと、GLOBAL...

おうち英語のヒントに。インターナショナル幼稚園での知育遊びを8つ紹介

インターナショナル幼稚園ってどんなことをやっているの?普通の幼稚園とは違うのかな? そんな疑問を持っているパパ・ママに向けてこの記事を書きました。 約1年間、タイのバンコクでインターナショナルスクールの2〜3歳児クラスに通った息子が、教室でどんなことをやったのか、その一部をご紹介します。 2〜3歳児クラスでの学びとはいえ、取り組む最中の親からの語りかけ、問いかけの量・レベルを上げることで、5〜6歳児でも十分楽しめるものもあります。 おうち英語はもちろん、英語に関係なく知育の参考になる要素もたくさんありました。...

格安と評判のDMM英会話を3歳児が体験!時期尚早だった理由と体験内容レビュー

リップルキッズパークの体験レッスンで、息子が思った以上に英語学習を楽しめていたので、オンライン英会話に俄然前向きになったわが家。 リップルキッズパークに続き、DMM英会話の体験レッスンもやってみました。 DMM英会話は料金設定が格安と評判が高いオンライン英会話です。  DMM英会話公式サイトを見てみる リップルキッズパークは非常に良かったです!ただ、週に1〜2回オンライン英会話をやるだけだと、英語を話す機会が十分じゃないと感じました。(ママウマ) できれば毎日英語を話す機会を作ってあげたい。 ⬇︎...

リップルキッズパークを3歳児が体験→超満足!【申し込み手順・子供の反応・注意点など】

日本帰国後は、子どもにオンライン英会話を習わせたいと考えているわが家。 何事もまずはトライアル!ということで、子供向けオンライン英会話のリップルキッズパークを体験しました。 リップルキッズパークは、オンライン英会話の草分け的存在「レアジョブ」が始めた、子供専用オンライン英会話です。 こども英会話ならリップルキッズパーク 実はパパLEOも、昔レアジョブを受講したことがあります。それで馴染みがあったので、最初の無料体験レッスンはリップルキッズパークを選びました。 レアジョブを経験したことがあるとはいえ、6年ぶりのオンライン英会話。...

絵本に興味のなかった子どもが気に入る絵本〜共通する法則はこれだった〜

絵本の読み聞かせは知育教育の基本と考えるパパ・ママが多いのではないでしょうか? パパLEO夫婦も同じように考えています。だから息子が絵本に全く興味を示さないことに焦りました。この子、このままで大丈夫かな?と。 無理強いしてより嫌いになったらよくないからと絵本の読み聞かせをほぼ諦めてから約2年。この間妻はパパLEO以上に心配していました。 でも3歳を目の前にしてようやく、息子が「絵本を読んで。」と言うようになったんです!...

子どもの英語学習におすすめの「DVD」と「知育絵本」をまとめてご紹介

お子さんにDVDを観せて英語の習得に役立ててあげたいけど、効果的なDVDがわからず、お困りではありませんか? そういった疑問にお答えします。 この記事でご紹介するのは、 子どもの英語学習にお薦めのDVDを8作品 親にとっても効果的な、DVDの視聴方法 さらに、DVDを子どもに観せっぱなしだと気が引けるパパ・ママに向けて、おすすめの英語の絵本...

子どもがリピート再生!英語が学べるYouTube動画、厳選4チャンネル

お子さんにYouTubeを使って英語の習得をさせてあげたいけれど、効果的な動画がわからずお困りではありませんか? パパLEOも、初めて息子にYouTubeを観せようとタブレットを渡した時にふと、「どの動画を観せたらいいの?」と迷ってしまいました。 その時は適当に英語の歌の動画を選んで観せたのですが、何日かすると息子が気に入った動画がわかってきました。気に入った動画は、「もう一回」とか「●●が観たい」とか言うようになったのです。...

英語圏の子ども達に人気でよく歌われている英語の歌15曲!おすすめCDも紹介

お子さんと一緒に英語の歌を歌ってあげたいけれど、どの歌がいいかわからず困ったことがありませんか? わが家でも息子が生まれた時に、小さいうちから英語に耳を慣れさせてあげたいと思い英語の歌のCDを購入しました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。 当時はどの歌がいいかわからなかったので、とりあえずたくさん曲が入ってそうなCDを日本で買いました。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

5年間のバンコク生活を経て今は東京在住。久々の日本での生活が安定するまでしばらくかかりそうです。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

Share This