ドコモのSIMロック解除をオンラインで。手順とつまずきポイント・解決策まとめ

2019-07-12

実家の父から、ドコモで契約したタブレットのSIMロックを解除したいから手伝ってほいしと言われ、オンラインでSIMロック解除しました。

ドコモのSIMロック解除は店頭でやってもらうことも可能ですが、3,000円(税抜)の手数料がかかります。

店頭まで行くのも面倒だし、オンラインなら無料なので、できればオンラインで解除したいところです。

SIMロック解除なんて簡単だと思っていたんですが、意外に手こずり時間がかかる結果に

その理由は、以下の2点でした。

  • 公式サイトを見ても、どこにSIMロック解除方法が記載されているのかわかりづらかった
  • ブログ記事で手順がわかりやすく書いてあるものを見つけたが、手持ちのタブレットに当てはまらない部分が複数あった

この記事では、読んでくださった方が、手持ちの端末が何であるかに関わらず、ドコモのSIMロックを迷わず解除できるように書きました。

SIMロック解除手順の中で、時間がかかる原因になった部分とその解決策を紹介しながら、ドコモのSIMロック解除方法をまとめます。

目次

1. SIMロック解除に必要なもの

ドコモのSIMロックを解除するためには、以下のものが必要になります。

  • dアカウント
  • SIMロック解除する端末の製造番号(IMEI)

解除手続きの途中でこれらを探すのに手間取り時間がかかりすぎると、セッションが終了してしまい、最初からやり直す羽目になります。

なので、事前に「dアカウント」と「製造番号(IMEI)」を確認しておくことをお勧めします。

1-1. dアカウントのIDとパスワード

もしdアカウントを持っているかどうかすら覚えていない場合は、ドコモで回線契約した時の申し込み書類を確認すると良いですよ。

1-2. SIMロック解除する端末の製造番号(IMEI)

製造番号はダイヤル「*#06#」を入力し確認できます。
※iPadをご利用の場合は、以下の手順でご確認ください。「設定」>「一般」>「情報」>IMEI

でもこの方法で製造番号を確認できず、ここで15分くらい時間をロスしてしまいました。

結論を言うと、iPad以外のタブレットでも、製造番号を「設定」から確認した方が良いです。

スマホであれば、電話アプリが最初から入っているので、上記のダイヤル「*#06#」で確認する方法で問題ありません。

でもタブレットの場合は電話アプリがインストールされていないことが多いんじゃないでしょうか?

父のタブレットはhuawei製です。iPadではないので、ダイヤル「*#06#」で製造番号を確認することに。

このタブレットには電話アプリが入っていなかったので、無料の電話アプリをインストールする必要がありました。

新たに電話アプリをインストールしてみたものの、そのアプリのダイヤルには「*」や「#」がなかったんです…。

そこでもう一つ別の電話アプリをインストールしました。

今度は「*」も「#」もあり、「*#06#」にかけることに成功!と思いきや…全く反応なし。製造番号は表示されませんでした。

何回かダイヤルしてみましたが、うんともすんとも言わないので諦めることに。

これ以上新たに電話アプリをインストールする気になれず、結局「huawei 機種番号 IMEI 確認」で検索。

ようやく見つけた確認方法は、「設定」>「タブレット情報」>IMEIでした。

思えば、どんな端末でも製造番号は端末内で「設定」から確認できるはずなんです。

電話アプリがないなら、「設定」からそれらしき項目を確認してみてください。

2. SIMロック解除の手順

dアカウントのIDとパスワード、端末の製造番号(IMEI)が確認できたら、以下のSIMロック解除の手順に沿ってやっていきます。

SIMロック解除の手続きページさえ見つかれば、あとは必要項目を入力するだけで手続きは簡単に完了します。

ただ、SIMロック解除の手続きページを見つけるのが難しいのと、SIMロック解除完了の最後のステップがわからず迷ってしまうので、その2点が要注意。

そこで、手順を以下のとおり大きく3つに分けて説明します。

  1. SIMロック解除手続きページへの行き方
  2. 必要項目入力から手続き完了まで
  3. SIMロック解除の完了

2-1. SIMロック解除手続きページへの行き方

▼My docomoページの左上メニューをクリックし、メニュー項目を表示。

▼メニュー項目から「サービス一覧」をクリック。

▼サービス一覧ページを下にスクロールし、【契約内容・手続き】の「SIMロック解除」をクリック。

▼すると以下のページが表示されます。どちらか適切な方法を選んでください。

父は生体認証登録をしていないとのことで、「暗証番号確認」を選びました。

▼さらに、注意事項を読んで「次へ」をクリック。

▼これでSIMロック解除の手続きページにたどり着きました。

2-2. 必要項目入力から手続き完了まで

SIMロック解除を行う機種の製造番号を入力

▼必要項目の1つ目は、SIMロックしたい端末の製造番号(IMEI)です。

製造番号は前章で解説したやり方で確認して入力します。

手続き内容を確認

▼次に手続き内容と注意事項の確認です。

手続き内容はデフォルトで「SIMロック解除を申込む」にチェックが入っているので、そのままでOK。

注意事項は【SIMロック解除の注意事項】というリンクから注意書きを読み、最後の「閉じる」ボタンをクリックして初めてチェックできます。

受付確認メールの送信

▼最後に受付確認メールの送信先アドレスをチェック・入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

▼すると以下のような手続き完了画面に移動し、指定したメールアドレスに受付確認メールが届きます。

受付確認メールにはSIMロック解除コードが記載されています。

このSIMロック解除コードは、最後にSIMロック解除を完了する時に必要になります。

なので、ドコモを解約して格安SIMに乗り換えたいと考えている方は特に、ドコモメール以外のメールアドレスにしておいた方が安心です。

2-3. SIMロック解除の完了

SIMロック解除を完了するには、SIMロック解除したい端末に、ドコモ以外のSIMを挿入します。

すると画面にSIMロック解除コードを入力するよう指示が出るので、受付確認メールに記載されているSIMロック解除コードを入力します。

これでSIMロック解除が無事に完了です。

実は、この最後のステップがわからず、ここでも15分くらい時間をロスしてしまいました。

迷ってしまった理由を以下で触れます。

▼受付確認メールは下記の内容です。

これを読むと、SIMロック解除の申し込み手続きは完了しているものの、SIMロック解除自体はまだ完了していないと読み取れます。

▼そこでメール本文内の文章に従いURLをクリックすると表示されるページがこちら。

正直このページを見ても、何をしたら良いのか全くわかりません。

そこでまたネット検索。様々な記事を読んで、数記事目でようやく解決策を発見しました。

それがドコモ以外のSIMに差し替えて、SIMロック解除コードを入力するという方法でした。

幸い日本に帰国したばかりで、タイで購入していたドコモ以外のSIM(アジア複数国に対応した使い捨てSIM)が手元にあったので、それを挿入してSIMロック解除コードを入力。

これでやっとSIMロック解除が完了しました。

ドコモ以外のSIMが手元になければ、別のSIMを使う機会がある時に初めてSIMロック解除コードを入力することになります。

それまでSIMロック解除コードを忘れないように注意してくださいね。

3. つまずきポイントと解決策まとめ

甘く見ていたオンラインでのドコモSIMロック解除。

意外に複数箇所でつまずいてしまい、思った以上に時間がかかりました。

そこで、同じように迷ってしまった方のために、またはこの記事を読んでくださった方が迷わないように、つまずきポイントの解決策を、改めて最後にまとめておきます

dアカウントの確認方法

端末の製造番号の確認方法

SIMロック解除の手続きページを見つける方法

SIMロック解除を完了する方法

店頭まで行って順番待ちをして3,000円払うのは悔しいという方は、ぜひオンラインでSIMロック解除にチャレンジしてみてください!

その時にこの記事の内容が役に立てば幸いです。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

頭髪に効果ありのバタフライピーシャンプー、おすすめ商品・使用実感・販売店紹介

日本で「青いお茶」として流行っているバタフライピー。タイが原産地だということはご存知ですか? タイではバタフライピーはアンチャンと呼ばれ、飲料やシャンプーとして愛用されています。 実はバタフライピーは、タイ在住の日本人の間では、お茶としてはもちろんですが、むしろシャンプーとして有名です。 なぜかというと、バタフライピーシャンプーは「白髪や抜け毛に効果がある」と言われているからなんです。 これはアラサーからアラフィフくらいの年齢層が多い日本人駐在員とその奥さんにとっては気になる触れ込みです。...

転職も独立も無理だと悩む40代の知人から相談を受けた話

会社を辞めることを公表したら、周りから「会社を辞めたいけど、どうしていいかわからない。」「今の会社に対する不満を聞いてほしい。」という相談を受けるようになりました。 パパLEOも会社を辞める決断をするまで、たくさん悩みました。その時は本を読みまくって、ポジティブな未来を想像できるように自分自身を理論武装しました。 ▼詳しくはこちらの記事に書きました。興味があればぜひ。  ...

液体ミルクは、外出用・備蓄用として圧倒的に便利。育児の時短やサポートにも

海外では普通に売られている乳児用液体ミルク。日本でも乳児用液体ミルクの製造・販売が解禁され、2019年3月、グリコから液体ミルクが新発売されました。 わが家は現在、粉ミルクだけでなく液体ミルクが普通に売られているタイで子育て中です。もうすぐ3歳の息子は液体ミルクを毎日飲んでいます。 外出時は常に液体ミルクをバッグに2本入れて出かけますし、息子が断乳する時にも液体ミルクには随分助けられました。...

会社を辞める決断しました。悩んでいた自分の背中を押してくれた3冊の本

こんにちは、パパLEOです。 みなさんは会社を辞めたいけど、行動を起こすことに不安を感じていませんか? お金の不安がある人。人間関係の不安がある人。不安になる理由すらわからないけど、とにかく不安な人。 いろんな不安があると思います。 この記事では、そんな不安に少しでも立ち向かうことができるように、パパLEOが会社での仕事を辞める決断をし、上司に伝えるまでに背中を押してくれた本を紹介します。 この記事を読んで「会社にしがみつくだけが人生じゃない!」ってことを感覚的にでもわかっていただければ嬉しいです。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

バンコク在住5年目です。しばらくはバンコク近辺でのお出かけ・子育て情報がメインになると思います。文章だけでわかりづらいものや雰囲気もあるので、YouTubeでも発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

この記事の目次

ドコモのSIMロック解除をオンラインで。手順とつまずきポイントの解決策まとめ

1. SIMロック解除に必要なもの
2. SIMロック解除の手順
3. つまずきポイントと解決策まとめ

Share This