子連れ旅行の必需品「CABIN ZEROのバックパック」収納力と使い勝手を紹介

2019-03-28

タイに住んでいる間に色々行っておきたくて頻繁に旅行やお出かけをしているわが家。旅行・外出する時は、ママが息子担当、パパが荷物担当という役割分担です。

そこで今回は荷物担当の僕が、いくつかのバックパックを経てたどり着いた「子連れファミリーで出かける時に圧倒的に便利なバックパック」をご紹介します。

タイトルにも名前が出ていますが、そのおすすめバックパックはCABIN ZEROというブランドです。

CABIN ZEROの収納力使い勝手の良さ特に荷物の出し入れのしやすさ)は群を抜いています。

どのくらい収納力があるのか、どんなふうに使い勝手がいいのか、写真もまじえて具体的にご紹介します。

目次

1. CABIN ZEROの収納力

写真を見ていただくとわかりますが、CABIN ZEROのバックパックは直方体です。ボックス型と言ってもいいかもしれません。なので荷物を入れる時に無駄な空間ができず、たくさんの荷物を詰めることができます

前に書いた記事で、子連れタイ旅行の持ち物リストをご紹介しました。その時に機内持ち込み荷物のリストに挙げたものを試しに詰めてみます。

機内持ち込み荷物リストは下記でした。

  • お尻拭き
  • オムツ(2枚)
  • 着替え(Tシャツ・パンツ1着ずつ)
  • 長袖
  • 水筒
  • お菓子
  • おにぎり・バナナ
  • 液体ミルク(2箱)
  • ティッシュ類
  • ビニール袋
  • ハンドタオル
  • iPad
  • おもちゃ

これを全て詰めてみます。

*CABIN ZEROのバックパックは28L・36L・44Lの3種類あり、ここで使用しているのは36Lです。

 

このとおりまだ余裕があります。大人用の長袖シャツなど他にも色々入る余地があります。

2. CABIN ZEROの使い勝手

僕がCABIN ZEROのバックパックを最高だと思うのは、これまで様々なバックパックを使ってきた中で不便に感じていた点が解消されているからです。

CABIN ZEROをおすすめする具体的理由は以下の6点です。

  • 収納力ばつぐん
  • 荷物の出し入れが簡単
  • 性別を問わないシンプルなデザイン
  • 飛行機の機内持ち込みに便利
  • 旅行だけでなく普段のお出かけにも使える
  • 手頃な価格

収納力については既に紹介済みなので、その他の理由をひとつずつ解説します。

2-1. 荷物の出し入れが簡単

子育てファミリーに一番注目していただきたいのが荷物の出し入れが簡単だという点です。

CABIN ZEROのバックパックは側面の3方向がジッパーでぱかっと開きます。なのでスーツケースに荷物を詰める時のような感覚で詰めることができます

荷物を取り出す時はジッパーを全開してもいいですし、全開するほどでなくても左右縦半分くらいまで開ければ下の方にある荷物も簡単に見つけられます

子育て中のママでトートバッグを使っている人が多いのは、荷物の出し入れのしやすさも理由になっているんじゃないでしょうか。そんなママにもぜひCABIN ZEROの使い勝手の良さを試してみていただきたいです。

CABIN ZEROのバックパックはポケットの数は多くありません。でも外側のジッパーや内側背面の収納スペースなど、使い勝手の良いポケットがしっかり設計されているので問題はありません。携帯やタブレットといったガジェット、パスポートや航空券といった書類はこういうポケットに入れておくと便利です。

2-2. 性別を問わないシンプルなデザイン

家族3人で出かけるときはパパLEOが荷物を持ちますが、息子と妻が2人で出かける時も当然あります。そして荷物が多めの時は妻もCABIN ZEROのバックパックを使います。

デザインがシンプルなので性別を問わず使える点も子連れファミリーに向いていると思います。

あまりに直方体すぎるとゴツく見えるので、横のストラップ部分をしぼって厚みを少し薄くして使っています。わたしは普段からパンツスタイルが多いのでCABIN ZEROのバックパックを持っていても違和感はないです。

2-3. 飛行機の機内持ち込みに便利

CABIN ZEROのバックパックを見つけた時はネットで色々調べました。CABIN ZEROの公式サイトによるとこのバックパックは創業者であるバックパッカーが旅をする中で感じた不満点を解消するために開発したバックパックということでした。

実際、世界中のあちこちで旅行者に利用されているみたいです。バックパッカーが使っているとオシャレに見えるのは何ででしょう?笑

バックパッカーはLCCを利用することも多く、荷物を全て機内持ち込みにします。そういう旅行に対応するために開発されたCABIN ZEROは、機内持ち込みに適したサイズで、かつ収納力があり、壊れにくいバックパックです。

僕もCABIN ZEROはいつも機内持ち込みですが、座席上部の荷物棚にバックパックを入れる時に、サイズ感がちょうどよくストレスなく積めます(カバンの形態によっては、荷物棚に積む時に縦にするか横にするか迷ったりするんですよね。)

またCABIN ZEROは丈夫なので、扱いも気を使う必要がなく、大雑把な僕にはぴったりです。

2-4. 旅行だけでなく普段のお出かけにも使える

旅行の時に大活躍の必須アイテムCABIN ZERO、わが家では普段のお出かけにも使っています。

週末に動物園に行く時1日中プレイグラウンドで過ごす時には、息子の着替えやミルク、食べ物など荷物が増えるので、CABIN ZEROを使います。

まとめ買いのためにスーパーに行く時も持っていき、液体ミルク、肉、野菜、調味料など何でもガンガン詰めて帰ってきます。

2-5. コスパが良い

CABIN ZEROのバックパックは、コスパも非常に良いです。1章で収納力をお見せする時に使ったバックパックは容量36Lで、Amazonで8,900円で購入しました。

使い勝手が良いので利用頻度が高いし、丈夫で壊れづらいことを考えると、この値段はすごくお得だと思います。

ちなみに28Lサイズは7,000円くらい、44Lサイズは10,000円くらいです。

この値段は後述するわが家がこれまで使ってきた他のバックパックに比べて安いです。ブランドの地名度が比較的低いから値段が安めなのかと想像しますが、実施には使い勝手や丈夫さにも問題がないどころか、他のバックパックを上回ります。

 

3. わが家のバックパック遍歴

CABIN ZEROの収納力と使い勝手の良さを説明し終わったところで、CABIN ZEROにたどり着くまでのわが家のバックパック遍歴に触れておきます。

購入してきたバックパックと、なぜそれらがダメだったのかをまとめました。これを見ていただくと、なぜCABIN ZEROがいいのか、より納得度が高まるのではないかと思います。

誤解のないようにお伝えしたいのが、ここで紹介するバックパックも決して悪い品ではないということです。ただ子育て中ファミリーであるわが家にとってはCABIN ZEROの方が圧倒的に便利だったということです。

3-1. MontBel(モンベル) ZERO POINTバックパック

始めに使っていたのはモンベルのZERO POINTというバックパックです。容量が40 – 50Lでたくさん入る点は良かったのですが、アウトドア感が強すぎて普段の外出には使いづらかったです。

上からどんどん荷物を詰めていくタイプで、下の方に入れた荷物を取り出しにくいという難点もありました。

おそらく本格的に登山とかする場合には良いバックパックなんだと思いますが、子連れファミリーにのお出かけには向きませんでした。

それでもしばらく旅行の時には使っていましたが、先日家の中を整理した時にちょうど住んでいるアパートでガッレジセールを開催するということで、出品してしまいました。

3-2. NEW ERA(ニューエラ) デイパック

次に購入したのがニューエラのデイパックです。モンベルのバックパックが登山っぽすぎたので、その反省点を生かして、ストリート系ブランドのデイパックにしました。

容量は28Lと大きすぎず、街中で使っていても違和感がありません。ただ、このバックパックも荷物を上から詰めていくタイプで、下の方に入れたものを取り出しにくいのが弱点でした。

子ども連れだと急に飲み物をこぼしたり、急にお菓子を食べたいと言い出したり、とにかく急いでものを取り出さないといけないシーンが多いと思いですよね。

その時になかなか目当てのものが見つからず、パパもママもイライラということが結構ありました。

バックパック上部をひもで締めるスタイルも、焦っている時には意外と面倒でした。デザインはシンプルでカッコいいと思ったんですが残念でした。

3-3. Patagonia(パタゴニア) トラベルトートバックパック

続いて購入したのが薄いナイロンとポリエステル素材の、たたむとコンパクトになるパタゴニアのトートバック兼バックパックです。

これは軽いことと上部がジッパーで全開できて荷物の出し入れがしやすいことを理由に購入しました。このバックパックは正解で、今でも荷物が少なめの日常の外出にママがメインで使っています。

ただ3人で出かける時の荷物担当であるパパLEOとしては容量が少し足りないと感じています。3人分の荷物を入れるとパンパンになってしまい、結果荷物を取り出しづらくなるのです。

3-4. CABIN ZERO(キャビンゼロ)バックパック

以上ののように、デザイン、荷物の出し入れのしやすさ、容量といった改善点を1つ1つ潰してバックパックを遍歴し、最終的にたどり着いたのがCABIN ZEROのバックパックでした。

4. 使いやすいCABIN ZEROでストレスの少ない子連れお出かけを

CABIN ZEROがあまりに便利だったので、わが家では36Lのバックパックに加えて44Lのバックパックも購入しました。荷物の量に応じて使い分けています。

大げさに聞こえるかもしれませんが、CABIN ZEROを買ってから家族で出かける時の準備のストレスが軽減されました。

これまでは取り出す時のことを考えて、詰める順番にも気を使っていました。でもCABIN ZEROの場合は、バックパックを大きく開口してどんどん詰めればいいだけです。

子育て中はちょっとしたことでもストレスになるので、こういった小さなストレス軽減の積み重ねって意外と大事だと思っています。

CABIN ZEROを見つけることができてほんとうに良かったです。

こちらの記事もおすすめです

子連れ海外旅行やタイ旅行に関するお役立ち情報はこちら。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

バンコク3大寺院、子連れでもワット・アルンなら楽しめる。その理由と行き方

ワット・ポー、ワット・プラ・ケオ、ワット・アルンはバンコクの3大寺院と言われています。 観光でバンコクを訪れた人の多くが足を運ぶバンコク最大の観光スポット。 ですが、バンコクの3大寺院巡りは、小さな子連れ家族には向きません。 理由は『暑い・歩く・並ぶ』の観光3大苦がそろっているから。大人だけで出かけても、暑さと人の多さで辟易して、全部回れずに戻ってくるケースが結構あります。 それでもせっかくバンコクに行ったら、1つくらいはお寺を訪れたいと思うもの。...

ジムトンプソン商品が3〜7割引のアウトレット店。豊富な商品からお得にお土産を選ぼう

以前男性向けのバンコク土産の記事を書いた時に、ジムトンプソンのハンカチを紹介しました。 アウトレットだと通常の店舗より安いので、時間があればアウトレットに行ってみてくださいと書いたんですが、ハンカチだけのためにアウトレットまで行くのは無駄ですよね。...

子連れ家族がチャトチャック週末マーケットを満喫したいなら子供博物館を活用しよう

「チャトチャックウィークエンドマーケット」は、バンコクに来たからには行きたい!という方が多い、バンコク屈指の買い物スポットです。 ですが敷地が広くて迷路のようになっていて、しかも暑いので、子どもを連れて行くにはちょっと厳しい場所です。 パパLEOの家族もバンコクに来るたびにチャトチャックウィークエンドマーケットに行きたいと言いつつ、子どもがいるので断念していました。 もしくは子どもを連れて行ってみるものの、子どもが疲れてしまい充分に買い物をできないまま戻って来るというパターンでした。...

バンコクから日帰りクレット島観光。子連れならマーケット3割・サイクリング7割がおすすめ

バンコクから1時間の距離にあり、半日観光に最適なクレット島。前から気になっていましたが、なかなか行く機会がありませんでした。 島というとビーチリゾートが思い浮かびますが、クレット島は違います。クレット島はチャオプラヤー川が二股に分かれることによってできている中州みたいな島なので、リゾート感は全くありません。泳いだりする場所でもありません。 子連れ向けアクティビティが特に無いので行く機会がなかったのですが、行ってみたら子連れでの意外な楽しみ方がありました。 さっそくこの記事で紹介したいと思います。 目次...

【2019年速報】ソンクラン水掛祭り@バンコク:子連れにおすすめはサイアムスクエア

タイで一番盛り上がるソンクラン水かけ祭り。パパLEOはタイに住み始めて最初の水かけ祭りに参戦して以降しばらくは子どもが生まれて小さかったので足が遠のいていました。 でも今年は子どもが3歳になったし行ってみよう!ということで3歳・7歳の姪っ子たち(偶然タイに在住)も一緒に参戦しました。 子ども連れでも安全かつ本格的に水かけ祭りを楽しめるバンコクでのおすすめスポットはサイアムスクエアです。 この記事ではサイアムスクエアでの水かけ祭りの様子と、なぜ子ども連れにおすすめなのか理由を書きます。...

男性向けのタイ土産。値段もお手頃おすすめ7選。バンコク在住パパが選びました

タイは観光大国、お土産も色んなものが揃っています。 洋服、サンダル、ポーチ、アロマ商品、ハーブ、お茶、石けん、アクセサリー、雑貨、調味料などなど。 でも、いざ男性向けのお土産を選ぼうと思うと、意外とないんです!女性向けのお土産はたくさんあるのに… 同じように悩まれた方もいるんじゃないでしょうか? そこでパパLEOが過去に買って好評だった、おすすめの男性向けお土産をご紹介します。 目次 男性向けのタイ土産おすすめ7選。バンコク在住パパが選びました 1. ビール2. セメント袋バッグ3. タイパンツ4. ジムトンプソンのハンカチ5....

タイ現地SIMカード:おすすめ通信キャリア・料金・購入可能場所を紹介

以前書いた記事で、タイ旅行での最重要項目である通信手段とその選択肢、それぞれの特徴・料金など、選ぶ時にポイントになる点をまとめました。   この記事では中でもタイ現地プリペイドSIMカードでの通信を検討している方に向けて、 どの通信キャリアのSIMを選んだらいいのか どこでタイ現地キャリアのSIMを購入できるのか についてまとめます。 目次...

乳幼児連れタイ旅行の持ち物リスト。注意点と、タイで買えるもの・買えないもの

タイに住むようになって、日本から友達が遊びに来てくれることが何度かありました。でも中には「タイに行きたいけど子どもが小さいから心配…」と来るのを諦めた友達もいます。 やっぱりタイは新興国というイメージがあるようで、乳幼児がいる家庭にとっては旅行先として少しハードルが高いようです。 今月末には姉家族が遊びに来ますが、下の子は1歳になったばかり。姉家族はこれまでに数回遊びに来ているのでタイには慣れているものの、初めて乳児を連れて来るということで心配もあるようです。...

タイの至宝ビーチリゾート「クラビ・ポダ島」魅力と行き方を紹介します

こんにちはパパLEO(@LEOJungle2)です。 以前「わが家ではビーチリゾートに行くならクラビ一択」という記事を書きました。 この記事を書いた理由の1つが、ポダ島で過ごした最高の半日でした。 そこで今回はポダ島の魅力と行き方をご紹介します。ポダ島は子連れでも行きやすいアイランドビーチです。 開発されつくしたリゾートには飽きたという方も、ポダ島ならきっと満足できるはずです。 目次...

タイはミニカーのチョイスが超豊富。トゥクトゥクミニカーはお土産にも最適

タイのショッピングモールでおもちゃ売り場に行くと、ミニカーのコーナーが充実していて驚きます。 売られているメーカーは以下のとおりたくさんあります。 ●Majorette(マジョレット・仏)●HotWheels (ホットウィール・米)●Matchbox(マッチボックス・英→米)●Tomica(トミカ・日)●Siku(ジク・独)   広い売り場のお店だと、ミニカーを走らせるサーキットみたいなのまであるんです。持参のミニカーやその場で買ったミニカーで遊べるので、休日は少年たちで賑わっています。...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

バンコク在住5年目です。しばらくはバンコク近辺でのお出かけ・子育て情報がメインになると思います。文章だけでわかりづらいものや雰囲気もあるので、YouTubeでも発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

この記事の目次

子連れ旅行の必需品「CABIN ZEROのバックパック」収納力と使い勝手を紹介

1. CABIN ZEROの収納力
2. CABIN ZEROの使い勝手
3. わが家のバックパック遍歴
4. 使いやすいCABIN ZEROでストレスの少ない子連れお出かけをしよう

Share This