赤ちゃん・幼児がいる家庭へのタイ土産に「PlanToy(プラントイ)」がおすすめな理由

2019-01-24

子ども用の木製玩具って、おしゃれで素敵、知育にも良さそうだけど、値段が高いと思いませんか?

丁寧に作られているし、材料も厳選されているから当然なのかもしれませんが、親としては、もう少し安ければ買いたいのに、と少し残念です。

同じように感じているパパやママにオススメしたいのが、タイで買える「PlanToy(プラントイ)」というメーカーの木製玩具です。

もし旅行でタイに来られることがあれば、一度お店を訪れて頂きたいです。

(店舗情報は、ブログの最後に記載してあります。)

同じように感じているパパやママにオススメしたいのが、タイで買える「PlanToy(プラントイ)」というメーカーの木製玩具です。

もし旅行でタイに来られることがあれば、一度お店を訪れて頂きたいです。

(店舗情報は、ブログの最後に記載してあります。)

前置きが長くなりましたが、ここでは、パパLEOがプラントイをオススメする理由を書きたいと思います。

目次

1. 値段がリーズナブル

何といっても嬉しいのが、リーズナブルな値段です。木製玩具は日本で買う場合、ちょっとしたものでも、3,000円くらいしてしまいます。

ですが、タイでプラントイの製品を買う場合、1,000円ほどで買える玩具も結構あります。もちろん、大きな製品や、細工が細かいものは1万円、2万円としますが、それでも日本で買うよりはお買い得です。

情報通のレオンさんがおしえます

プラントイのお得情報

Facebookページをフォローするといいよ。

年に2回開催されるセール期間であれば、さらに20%引きとかで買えてしまうので、もしその期間にバンコクに滞在していたら、ぜひお店に足を運んでみてください。

セール情報は、プラントイのFacebookページに告知されます。

実はプラントイの玩具は、日本のトイザらスやデパートなどでも売られています。先日、一時帰国した時に、友達の家のお子さんがプラントイで遊んでいました。

でも、日本で買うと、輸入品ということで、それなりの値段になってしまいます。たぶん、1.25〜1.5倍くらいします。

タイを訪れる機会があるならば、タイで買うことをおすすめします。

2. 品質も理念も素晴らしい

値段が安いのは嬉しいけど、品質は大丈夫?という声が聞こえてきそうです。タイのメーカーということで、不安に感じる方もいるかもしれません。

でも、問題ありません。プラントイは1981年にスタートし、今や、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアに支店を展開するほどの歴史と実績のあるブランドです。

製品は全て、アメリカとヨーロッパの安全基準を満たしています

↑店内の壁にも、プラントイの玩具の素材、品質、製造現場の基準など、安心できる内容が表記してあります。

物知りタートさんが

プラントイをおすすめする理由

プラントイの理念や姿勢は素晴らしいよ!

プラントイの製品は、ラテックスを生産することができなくなったゴムの木を再利用して作られた安全な木製玩具で、特に5歳までの子どもの発達を手助けすることにフォーカスしています。

また、プラントイでは、持続可能な世界をつくることをミッションに、全製造ラインの1つ1つの過程を念入りに行い、環境へのインパクトを最小限にすることを約束しています。

ゴムの木を再利用するだけでなく、玩具の製造過程で発生したおがくずや木片も、粉砕して再形成して使うという徹底ぶりです。

ホルムアルデヒドを含む有害な接着剤は使わず、オーガニックな色素で色付けしています。また、印刷物は全て再生紙にソイインクを利用しています。工場ではソーラーエネルギーで発電した電気を使っています。

このようにプラントイが環境への配慮をするのも全て、次世代を担う子どもたちのためなのです。

持続可能な世界をつくることが、子どもたちの未来をつくることだという考えには、パパLEOも賛同します。

いかがでしょう?ここまで真剣に玩具作りをしているメーカーなら、信頼できると思いませんか?

3. 種類・デザインが豊富である

品質も理念も素晴らしいのはご理解いただけたと思いますが、購入する立場としては、玩具そのものの見た目や選択肢も重要ですよね。

これも、全く問題ありません。むしろ、「買いたい!」と思ってしまう玩具ばかりです。色もデザインも、とても可愛いく、親子ともに満足すること間違いありません。

しかも、種類がとても豊富なのです。パパLEOのイメージでは、木製玩具は種類が少ないものだったのですが、そのイメージが覆されました。

さすがに店舗で商品の数を数えるわけにはいかないので、プラントイのウェブサイトで確認してみたところ、300種類以上あります!驚きです。

それだけの玩具が、カテゴリー、子どもの年齢、知育発達分野、で分類されていて、数が多くても綿密にプランニングされた上で作られた製品なのだということがわかります。

わが家でも、息子のチビLEOが赤ちゃんの時にお祝いで頂いたり、自分たちで買ったりして、プラントイの玩具がいくつかあります。

わが家でも、息子のチビLEOが赤ちゃんの時にお祝いで頂いたり、自分たちで買ったりして、プラントイの玩具がいくつかあります。

息子が遊ばなくなった赤ちゃん用のプラントイ玩具は、先日お友達にあげてしまったので写真がありませんが、これらはまだ手元にあります。

パパ友のジラフさんが

プラントイをおすすめする理由

うちの子もプラントイが好きだよ。チビLEOにもお下がりであげたね。

プラントイの玩具は頑丈で安心なので、子どもが使わなくなっても、誰かに譲って使ってもらえるというのも良い点なんだ。

タイでは安い玩具もたくさん売っているけど、そういった玩具は、しばらく使っているうちに壊れてしまって、捨てるしかなくなってしまうんだよね・・・。

1つの玩具で何人もの子どもが引き継いで遊べると思うと、値段もよりリーズナブルに感じられますね。

4. 店舗で子どもを遊ばせられる

プラントイの玩具は、タイのデパートやショッピングモールの玩具売り場に行けば、たいてい見つけられます。ただ、そういったお店では、陳列されている商品の種類にかなり限りがあります

せっかくなら、商品が豊富に並んでいる路面店に行かれることをおすすめします。

BTSの最寄駅から徒歩10分弱なので、アクセスもそんなに大変ではないと思います。

この路面店の良い点は、店舗の中央部分が、遊び場になっているところです。

プラントイの玩具がたくさん置いてあり、子どもは喜んで、夢中になって遊んでくれます。その間にじっくり商品を見て選べるので、大人も子どももハッピーになれます。

息子のチビLEOは、ショッピングモールの玩具売り場に行くと、片っ端から玩具を持ってきて、「これが欲しい、あれが欲しい」とうるさいのですが、プラントイのお店に連れて行った時は、遊べる玩具がいっぱい置いてあるので、全くそういうことがありませんでした

息子のチビLEOは、ショッピングモールの玩具売り場に行くと、片っ端から玩具を持ってきて、「これが欲しい、あれが欲しい」とうるさいのですが、プラントイのお店に連れて行った時は、遊べる玩具がいっぱい置いてあるので、全くそういうことがありませんでした

大きなお子さんは違うかもしれませんが、2〜3歳くらいの子どもが売り場で玩具を欲しがる時って、その時・その場で・その玩具で遊びたいだけなんですね。。。

5. タイのメーカーである

ここまでくれば、なぜプラントイがおすすめなのか、わかって頂けたと思います。

最後に念押しで、「タイのメーカーである」こともおすすめの理由の1つです。

プラントイの玩具を買って帰れば、家族でタイに観光・滞在した記念になります。

また、日本にいる家族や友達へのお土産として買うにしても、タイ土産なのにメイド・イン・チャイナじゃあ、無粋ですよね。(実際、タイで売られている玩具の多くが中国産です。)

せっかくの記念・お土産なので、安心して買えるタイのメーカー「PlanToy(プラントイ)」をおすすめします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

思えば、バンコク生まれの息子にパパLEOが初めて買ってあげた玩具は、プラントイのものでした。

日本に帰国する時には、多くの玩具を処分しなければなりませんが、今手元にあるプラントイの玩具は記念に持って帰りたいと思います。

こんなふうに大切に思える玩具なので、バンコクに滞在する機会があれば、プラントイのこと、そしてこの記事のことを思い出して頂けたら嬉しいです。

  • 店舗名:PlanToys(プラントイ)
  • 住所:64 Plan House Building, Soi Sathorn 10, Sathon Rd, Silom, Bang Rak, Bangkok 10500
  • 電話番号:+66 02 237 9070
  • 営業時間:月〜金 9:00〜18:00 | 土日 9:00〜16:00
  • 定休日:無し
  • ウェブサイト:http://jp.plantoys.com/

こちらの記事もおすすめです

タイ旅行を快適に過ごすためのヒントが色々です。

関連記事

次に読むのに最適な記事が表示されています。

タイの屋台・小売店の舞台裏を支える卸売りチェーンMakro(マクロ)が楽しい!

タイの屋台・小売店の舞台裏を支える卸売りチェーンMakro(マクロ)が楽しい!

タイに滞在しているけれど、ありきたりの観光には飽きたという方は、Makro(マクロ)という卸売りスーパーを覗いてみてください。 タイの魅力とも言える屋台や小売店の店主・店員らしき人たちが、大量に買い物をしています。 巨大な倉庫のような空間に大量に商品が陳列されているので、うちの息子のチビLEOみたいに飽きっぽい子どもでも、普通のスーパーより楽しんで買い物に付き合ってくれますよ。 パパLEO的にも、かなりワクワク感があるお店なので、この記事でMakroの店内の様子をご紹介します。...

パパLEOの半日観光 in バンコク〜路線バスとボートで息子もハッピー!

パパLEOの半日観光 in バンコク〜路線バスとボートで息子もハッピー!

昨年11月にオープンした、バンコク最新のショッピングモール「ICONSIAM(アイコンサイアム)」に行ってきました。 といっても、最初からICONSIAM(アイコンサイアム)を目指して行ったわけではなく、息子のチビLEOを連れてなんとなく出かけたら、たどり着いたのでした。 行き当たりばったりの旅でしたが、案外おもしろいルートで、バンコク半日観光ツアーとしてかなりオススメなので、ご紹介します。 行き当たりばったりの旅でしたが、案外おもしろいルートで、バンコク半日観光ツアーとしてかなりオススメなので、ご紹介します。 目次 【半日観光...

パパLEO

パパLEO

やや人見知りでおっちょこちょい。自分では気のいいパパだと思います。子育てや生活に関して、気になることは即ネットで調べ、興味がわいたら本でさらに深く理解する、という習慣があります。

5年間のバンコク生活を経て今は東京在住。久々の日本での生活が安定するまでしばらくかかりそうです。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

この記事の目次

赤ちゃん・幼児がいる家庭へのタイ土産に「PlanToy(プラントイ)」がおすすめな理由

1. 値段がリーズナブル
2. 品質も理念も素晴らしい
3. 種類・デザインが豊富である
4. 店舗で子どもを遊ばせられる
5. タイのメーカーである

Share This